ミンティアはなぜ本田圭佑を起用したのか?

Mr.MINTIA 誕生秘話
『俺は持ってる』でおなじみのCMは、どのようにして生まれたのか?なぜ本田を起用したのか?ミンティアの担当者を直撃した。

2013年03月25日(Mon)17時46分配信

text by 森雅史 photo editorial staff
Tags:

【フットボールサミット第8回】掲載

『持ってる』男は複数いた


CM内でミスター・ミンティアを演じる本田圭佑。写真提供:アサヒフードアンドヘルスケア株式会社

 ど派手なファッションに身を包み、スポーツカーを操って空港に現れ、さっとヨーロッパへ旅立っていく。その存在感は独特で孤高とも言えるだろう。そのためだろうか、本田圭佑を取り上げるCMはオシャレなイメージばかりだった。ところが2012年、風変わりなCMが現れた。

 青いシャツに白いスーツ、金色に染めた短髪と大きなサングラスというど派手な男が、プライベートジェットから降りてくる。黒づくめの男たちが迎える横を颯爽と歩いていく姿に「俺は持ってる」というナレーションがかぶる。

 ところが胸のポケットを探ると何かがない。慌てて全身のポケットを探るが見つけられない。「俺は……持ってない」と肩をすくめると、高級車で待つ美女の手には、白地に青いラベルの「ミンティア」が。

 男はミンティアを口に入れると、カリっと音をさせて噛み砕き、自ら車を操って走り去るのだった。 これがシュガーレスミントタブレット「ミンティア」のCM「俺の登場」編だ。主人公「Mr・MINTIA」に粉するのは本田圭佑。これまでの本田にない、コミカルな一面を演じて強烈なインパクトを残した。

 だが、よく考えると「爽やか」な食品を表すのなら、もっと涼しげなキャラクターがいるはずだ。しかも本田は一度もサングラスを外すことはない。また、主人公が紹介する商品を忘れて「持ってない」という設定はちょっと変わっている。

 どうしてこのCMに本田を起用しようと思ったのか、本田になぜ演技をさせようとしたのか、そして実際に本田は撮影現場でどう振る舞ったのか。その意図や秘話をミンティアの発売元である、アサヒフードアンドヘルスケア株式会社食品事業本部食品企画部チーフ、西村明日香さんに聞いた。

「この広告の企画自体が、人物ありきで決めたものではありませんでした。『俺は持ってる』という広告コピーが先に決まったんです。そして『持ってる』という言葉を使ったことのある方は、実は野球選手やサッカー選手に何人もいらっしゃいました。ですが世間一般の人が『俺は持ってる』という言葉を聞いて誰を思い浮かべるかと考えたとき、本田さんだったのです」

1 2 3

新着記事

↑top