【データで読むチャンピオンズリーグ】バルセロナ、ベスト4進出の確率は82%?! レアルが初戦3-0でも安心できないワケ

2013年04月09日(Tue)15時09分配信

text by 植田路生 photo Kazuhito Yamada
Tags:

最も緊張感のある試合はドルトムント対マラガか

【データで読むチャンピオンズリーグ】バルセロナ、ベスト4進出の確率は82%?! レアルが初戦3-0でも安心できないワケ
圧倒的に有利なバイエルン【写真:山田一仁】

 パリ・サンジェルマン対バルセロナは、PSGのホームでの初戦を2-2で終えた。この場合、データ上は上から12番目[2-2]となるため、初戦をホームで迎えたチームの過去成績は2勝9敗。PSGの勝率は18%となり、バルセロナが圧倒的に有利だ。

 しかし、PSGは試合終了間際のゴールで1-2から同点に追いついた。勝利が絶対条件であることに変わりはないが、マチュイディの得点がなければ1-0でも勝ち抜け条件には満たなかったため、精神的には“盛り返した”感はあるのではないか。

 バイエルン・ミュンヘン対ユベントスは、バイエルンのホームでの初戦を2-0で終えた。データ上は17勝1敗とバイエルンは圧倒的優位に立った。過去の1敗はつい先日のベスト16でのバルセロナだ。ユベントスは得意のホームでバルサのように確率の壁を破ることができるだろうか。

 マラガ対ボルシア・ドルトムントは、マラガのホームでの初戦を0-0で終えた。データ上は8勝17敗とややマラガが不利。ただ1点を取ればドルトムントは勝ち抜けには2点必要になる(1-1ではアウェイゴール差でマラガの勝ち抜けになるため)。ドルトムントは先制点を奪っても安心はできない。緊張感のある試合になるだろう。

 レアル・マドリー対ガラタサライは、マドリーのホームでの初戦を3-0で終えた。マドリーの優位かと思いきや過去の成績は3勝2敗。母体数が少ないので一概には言えないが、そこまで安心できないスコアであることがわかる。ガラタサライはホームに強い。厳しい戦いになるのは間違いないが、逆転の可能性はある。

 ベスト8は今日9日深夜と明日10日深夜に行われ、いよいよベスト4が決定する。

【了】

1 2

新着記事

↑top