8年連続無冠のアーセナル それでもベンゲルを信じるべき理由

アーセン・ベンゲルへの信頼が揺らいでいる。今季の無冠が決定し、タイトルを獲得できないのはこれで8年連続となる。だが、忘れていけないことがある。アーセナルを強豪へと育て、少ない予算の中で欧州のトップレベルで戦えるようチームをマネジメントしてきたのも、彼であるということを。

2013年05月09日(Thu)10時31分配信

text by 山中忍 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags:

プレミアに変革をもたらしたベンゲル

8年連続無冠のアーセナル それでもベンゲルを信じるべき理由
ベンゲル監督【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

「In Arsene We Rust」。アーセン・ベンゲル率いるアーセナルを支持する者の合言葉「アーセンを信じる」をもじり、「Trust(信じる)」を「Rust(腐る)」に変えたこのフレーズは、今季中に目にした中でも最も痛烈な見出しの1つだ。

 この見出しが『ミラー』紙に登場したのは、ホームでのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で、アーセナルがバイエルン・ミュンヘンに完敗した第1レグ(1-3)の翌朝。つまり、事実上の8年連続無冠が確定した翌日だった。

 同日の『サン』紙による意見調査では、サポーターの過半数が監督退任を求めてもいた。プレミア無敗優勝の快挙は9年前の話。翌年のFAカップ優勝を最後に縁のないトロフィーへの欲望が、神を崇めるかの如く、ベンゲルを信じてきた人々の目をも曇らせたようだ。

 ベンゲルほど、目に見えるトロフィーだけで評価すべきでない監督はいない。当人が「タイトル獲得と同等の成果」と語るCL出場は、プレミア王者として参戦した1998年から15年連続。決勝トーナメント進出も、今季で13シーズン連続だ。

 その間、リバプールは09 年を最後にCLから遠ざかり、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシーは、グループステージ敗退を経験しているのだから、勲章と表現して差し支えないCL出場歴だ。

 トロフィーとして具現化されない過去16年間の功績は、「欧州エリート」の資格だけではない。今では最新鋭の練習施設が当たり前のプレミアだが、先駆者はベンゲルのインプットを得たアーセナル。フルーツジュースでさえ糖分を意識して控えさせる選手の栄養管理は、練習後のビールが当たり前だったプレミア全体に影響を与えた。

 チームには、近年のトレンド到来を待つまでもなく、ショートパス主体の攻撃的スタイルも持ち込まれた。前監督時代は、単調な守り勝ちにファンも眉をひそめるサッカーだったことを忘れてはならない。

1 2

新着記事

↑top