山中忍

序盤戦での出遅れ、ダービーも完敗だが――。マンU・モイーズ監督が現地メディアに支持されている理由

序盤戦での出遅れ、ダービーも完敗だが――。マンU・モイーズ監督が現地メディアに支持されている理由

マンチェスター・ユナイテッドが序盤戦で躓いている。ダービーでは交代枠を残して完敗するなど、酷評されると思いきや、現地メディアの反応は違った。反省点を指摘こそすれ、一定の支持を得ている。なぜなのか?

20130914_ozil

今季も無冠か。65億円でエジル獲得もアーセナルが弱点だらけな理由

アーセナルが駆け込みで大物を獲得した。ドイツ代表のメスト・エジルだ。超がつくほどのビッグネーム獲得だが、優勝へ向けては悲観的な声も聞こえてくる。やはり今夏の補強戦略は失敗だったのだろうか。

レアル加入が濃厚。なぜギャレス・ベイルの移籍金は史上最高額となる130億円にまで値上がりしたのか?

レアル加入が濃厚。なぜギャレス・ベイルの移籍金は史上最高額となる130億円にまで値上がりしたのか?

トッテナムのエース、ギャレス・ベイル。レアル・マドリーへのとてつもない額での移籍が噂されている。なぜ移籍金はここまでの高額となったのか? そしてチームの主力放出が否定されない理由とは?

20130817_tores

ルーニー獲得に執念を燃やすが――。モウリーニョはトーレスを再生させることが出来るか?

モウリーニョが復帰し、新シーズンを迎えるチェルシー。懸案事項は未だ爆発する気配のないフェルナンド・トーレスの処遇だ。新監督がルーニー獲得へ執念を見せる中、果たしてセンターフォワードの座には誰が座るのか。

注目度の高まる『イングランド・スーパーリーグ』 チェルシーに加入した大儀見優希の新たなチャレンジ

注目度の高まる『イングランド・スーパーリーグ』 チェルシーに加入した大儀見優希の新たなチャレンジ

7月8日、イングランド・スーパーリーグに所属するチェルシー・レディースに、ブンデスリーガ得点王の大儀見優希が加入した。クラブHPでも「W杯王者加入」と告知され、期待は強まっている。注目度の高まってきているスーパーリーグで大儀見はどんなパフォーマンスを見せるのか?

フェライニと香川が化学反応を起こす可能性も。マンU新監督モイーズが攻撃的スタイルで戦うべき理由

フェライニと香川が化学反応を起こす可能性も。マンU新監督モイーズが攻撃的スタイルで戦うべき理由

マンチェスター・ユナイテッドの新監督であるデイビッド・モイーズ。就任1年目ではあるが、ビッグクラブの宿命ゆえに、タイトルへの重圧は当然ある。8月中旬に迫ったプレミアリーグ開幕。モイーズはどのように戦うべきなのか?

コンフェデよりもテニスを優先。サッカーのない夏を過ごす“母国”イングランド

コンフェデよりもテニスを優先。サッカーのない夏を過ごす“母国”イングランド

世界中から注目を集めるプレミアリーグ。だが、熱狂的なイングランドのフットボールファンも6月はお休みモードだ。コンフェデが行われているのになぜ母国の人々は無関心なのか?

20130609_hazard

プレミアリーグを席巻するベルギー人選手。優秀な選手を輩出する育成改革と欧州随一の適応能力とは?

近年のプレミアリーグにおいて、面白い現象がある。ベルギー人選手の急増だ。今ではレギュラー格の選手は10人を超えるという。なぜベルギーは優秀な選手を輩出できているのか? その背景に迫った。

契約延長を勝ち取ったランパード。決意に隠されたモウリーニョ復帰の可能性

契約延長を勝ち取ったランパード。決意に隠されたモウリーニョ復帰の可能性

契約満了が既定路線と思いきや、一転延長に至ったチェルシーの“レジェンド”フランク・ランパード。ファンがタイトルよりも望んだランプスの残留はなぜ実現したのか。恩師モウリーニョの招聘が確実視されている中、ランパードは来季へ向け並々ならぬ決意を抱いている。

8年連続無冠のアーセナル それでもベンゲルを信じるべき理由

8年連続無冠のアーセナル それでもベンゲルを信じるべき理由

アーセン・ベンゲルへの信頼が揺らいでいる。今季の無冠が決定し、タイトルを獲得できないのはこれで8年連続となる。だが、忘れていけないことがある。アーセナルを強豪へと育て、少ない予算の中で欧州のトップレベルで戦えるようチームをマネジメントしてきたのも、彼であるということを。

20130426_tottenham_kaz

好調スパーズを牽引する“モンスター”ギャレス・ベイルはメッシ、クリロナを超えられるか

スパーズが好調だ。アーセナルを抑えてプレミアリーグ4位とCL出場を視野に入れている。チームを支えるのはギャレス・ベイル。左SBとしてデビューし、現在はトップ下もこなす。ワールドクラスの実力を持つベイルはメッシやクリロナを超えることができるのか?

新着記事

↑top