恩師・海外組からの刺激を成長に変える森重真人。定着を目指すザックジャパンで目指す未来

2013年09月20日(Fri)12時31分配信

text by 元川悦子 photo Kenzaburo Matsuoka , Asuka Kudo / Football Channel
Tags:

「代表に呼ばれるようになったのは、自分の力だけじゃない」

ポポヴィッチ
ポポヴィッチ監督が「(森重の)問題点が今は改善されている。継続して波のないパフォーマンスを見せられるようになってきた」と語る【写真:松岡健三郎】

 大分トリニータ時代と現在のFC東京で指導するランコ・ポポヴィッチ監督も「モリゲはフィジカル、技術などプレーヤーとしての能力は申し分ないが、メンタル面でバランスが取れていなかった。私自身も再三、メディアを使って彼を批判してきた」と欠点をズバリと指摘した。

だが、そのセルビア人指揮官が「その問題点が今は改善されている。継続して波のないパフォーマンスを見せられるようになってきた」と太鼓判を押すほど、心身両面での安定感が光っている。

「いろんな人が自分にアドバイスをくれますし、そういう声のおかげで今の自分がある。僕がこうやって代表に呼ばれるようになったのは、自分の力だけじゃないってすごく思います。これから代表に定着していくためにも、つねに安定した力を見せ続けることが大事。

 代表での自分にはまだグアテマラとガーナしか自分の中で比較材料がないし、本当に自分が上のレベルでできるかもからない。そういう状況ですけど、自分が入ることによって何らかのメリットをチームに与えられるようにしたいと思いますね」と森重は淡々と未来を見据えていた。

 9カ月後に迫った2014年ブラジルワールドカップで勝ち上がることを考えた時、森重のようなアフリカ人にも見劣りしない身体能力を持つDFの存在はやはり必要不可欠だ。日本代表の守りの不安を解消すべく、彼には飽くなき前進を続けてほしい。

【了】

関連リンク

僕らがサッカーボーイズだった頃
東慶悟と森重真人の成長曲線

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top