くっ! ガッツが足りない!! “石崎愛”語るガットゥーゾ監督がわずか6試合で解任

9月24日、セリエB第6節でパレルモがバーリに1-2と敗戦。パレルモはこの黒星で2連敗となり、開幕6試合を終えて勝ち点7の12位と中位で低迷。1年でセリエA復帰を目指すクラブにとって痛恨のスタートダッシュ失敗となり、この結果により、パレルモのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は試合後に解任されることとなった。

2013年10月03日(Thu)6時00分配信

text by 編集部 photo editorial staff
Tags:

くっ! ガッツが足りない!! “石崎愛”語るガットゥーゾ監督がわずか6試合で解任
写真は好評発売中の『欧州サッカー批評』(双葉社)より【写真:編集部】

 9月24日、セリエB第6節でパレルモがバーリに1-2と敗戦。パレルモはこの黒星で2連敗となり、開幕6試合を終えて勝ち点7の12位と中位で低迷。1年でセリエA復帰を目指すクラブにとって痛恨のスタートダッシュ失敗となり、この結果により、パレルモのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は試合後に解任されることとなった。後任には、ジュゼッペ・イアキーニ新監督を招聘することをクラブは公式サイトで発表している。

 現役時代は「闘犬」の異名を持ち、中盤では泥臭い仕事も厭わない名選手として活躍。キャプテン翼に出て来るガッツあふれるキャラクター「石崎了」を愛する選手だったことでも知られている彼は、その「石崎愛」をこう語っている。

「GKやっているヤツは若林、それ以外はみんな翼ファン。当時イタリア中がそうだったが、俺だけは違っていたぜ。俺のお気に入りはひとりの勇敢なディフェンダー石崎だ!!

 顔もイマイチで、サッカーだって決して上手くなかった野郎だが、でも間違いなく最高に好感の持てるアイツのことが俺はたまらなく好きだったんだ。仲間を思うアイツの優しさに俺は心打たれていた。

 サッカーだけじゃなく、人生においてもまた、あんなヤツの存在が絶対に必要さ。ああいうヤツがいてこそ仲間の輪ってものができあがるってことを、あの野郎が、まだガキだった俺に教えてくれたんだ!」

 現役時代とは違い、ガッツだけでは監督業は乗り切れないのかもしれない。

【了】

関連リンク

“監督”ガットゥーゾ吠える!「ボランチに必要な技術的な要素は“気合い”。これだけ」
日本初公開!モウリーニョ独占インタビュー(前編)「カシージャスとの対立はない」
あの選手は今どこで何を?~ポルトガルの闘将 フェルナンド・コウト~(前編)
闘将のボランチ哲学

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

新着記事

↑top