永島昭浩が語る香川真司の知られざるエピソード

 フジテレビの夕方ニュースのスポーツコーナーでおなじみの元日本代表選手の永島昭浩氏。

2013年10月16日(Wed)17時00分配信

text by 編集部
Tags:

永島昭浩が語る香川真司の知られざるエピソード
「Super NEWS」番組ホームページ。夕方のニュースのスポーツコーナーでお馴染みの元日本代表選手の永島昭浩氏

 フジテレビの夕方ニュースのスポーツコーナーでおなじみの元日本代表選手の永島昭浩氏。

 ニュース中のコメントを噛むことで有名だが、現役時代の彼は、Jリーグで「日本人初ハットトリック」を達成したストライカーでもある。

 Jリーグが開幕した1993年の6月5日、ガンバ大阪時代に名古屋相手に達成。Jリーグ初ハットトリックは、5月16日の開幕戦でジーコだが、日本人選手としては初の達成者となった。

 最近では、フジテレビのトークバラエティ番組で、ある有名選手の知られざるエピソードを明かして話題にもなった。

 それは、永島氏の息子が小学校だった頃。息子とチームメイトたちが、近所の公園でサッカーをやっていると、近所のお兄さんがサッカーを教えてくれていたのだという。

 そのお兄さんのサッカーの上手さは抜群で、さらにゴールキーパーまで抜いてシュートを決める場面になると、必ず子供たちにシュートを打たせてあげるなどのやさしさもあって、子供たちはサッカーをすごく好きになったとのことだった。

 そしてその数年後、Jリーグの試合を見てたら、子供たちが「あのときのお兄ちゃんだ!」と騒ぎ出し、その人物とは今をときめく香川真司選手だったというものである。

 まるでドラマのような出来事だが、香川の人柄がよくわかるエピソードと言えるかもしれない。

 ちなみに最近は、長女のニュースでも話題になった。長女の永島優美さんは初代神戸ウエディングクイーン、ミスキャンパス関西学院2011などの経歴を持ち、2014年4月からはフジテレビにアナウンサーとしての入社が内定しているとのことだ。その才色兼備ぶりは、今後も注目を浴びそうだ。

【了】

関連リンク

Jリーグ最年長ハットトリック達成者はあの人! なんと40歳で偉業を達成!!
W杯ベスト16進出に黄信号? セルビア戦に敗れたザックジャパンに漂う閉塞感の理由に迫る

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

新着記事

↑top