柿谷よりも大久保よりも驚愕のゴール数を誇るストライカーがいた!

J1リーグ得点ランクトップをひた走る大久保嘉人。シーズン当初の目標は15ゴールだったが、前節清水戦でも2ゴールをあげて、現在はそのゴール数を24ゴールにまで伸ばした。

2013年11月16日(Sat)8時00分配信

text by いしかわ ごう photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , ,

柿谷よりも大久保よりも驚愕のゴール数を誇るストライカーがいた!
現在、Jリーグ得点ランキング1位の大久保嘉人【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

 J1リーグ得点ランクトップをひた走る大久保嘉人。

 シーズン当初の目標は15ゴールだったが、前節清水戦でも2ゴールをあげて、現在はそのゴール数を24ゴールにまで伸ばした。

 この大久保の得点力は、過去の得点王と比べても際立っている。例えば昨年の得点王である佐藤寿人は22点。一昨年の得点王であるケネディは19点だ。さらにさかのぼると、10年は前田遼一とケネディが17点、09年は前田遼一が20点、08年のマルキーニョスが21点でそれぞれ得点王に輝いている。過去5年のデータを見れば、残り3節を残して24得点という大久保の得点力の凄さがわかるというものだ。

 ただし過去10年のJリーグ得点王のゴール数を比較すると、圧巻のゴール数を挙げていたストライカーがいる。

 それは、ガンバ大阪が05年に初優勝を果たしたときのストライカーであるアラウージョだ。その名前を挙げると、大久保嘉人からは「33点でしょ」とのコメントが返ってきた。

「そのガンバの試合、最後はフロンターレとやっていたでしょ?こないだテレビでやってたから見たんよ」

 その試合とは、2005年のJ1最終節の川崎フロンターレ対ガンバ大阪戦のことである。ガンバ大阪が悲願の初優勝を決めた場所は、奇しくも等々力競技場でのフロンターレ戦だったのである。聞くと、スカパー!でこの優勝を決めた試合が再放送されていて、相手がフロンターレだったということもあって見ていたらしい。

「それでアラウージョが決めたときに『33点目』と言っていた。そんなに取ったんだ、と驚いたね」

 アラウージョに並ぶ33得点に達するには、残り3試合で9得点を取らなくてはならない……さすがにアラウージョ越えは難しそうだが、大久保嘉人のゴール数がどこまで伸びるか。シーズン終盤に注目点になりそうだ。

【了】

関連リンク

もう一度日本代表に…亡き父の言葉を胸に大久保嘉人が動き出す
フロンターレの珍イベントに鉄ちゃんが熱狂!

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

新着記事

↑top