退場になるべきだった? ルーニーは「悪いタックル」と認めるも…

2013年11月25日(Mon)12時45分配信


Tags: , , ,

カーディフMFメデルに対する処分がなかったことも示唆
カーディフMFメデルに対する処分がなかったことも示唆【写真:goal.com】

マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーは、24日のプレミアリーグ第12節カーディフ戦で、相手選手に見舞ったタックルが「悪い」ものだったと認めた。

ルーニーは序盤、カーディフMFジョーダン・マッチを後方から蹴り、ニール・スワーブリック主審からイエローカードを提示された。だが、ルーニーは退場になるべきだったという声も上がっている。

これに対し、ルーニーは『ツイッター』で次のように述べ、悪質なタックルだったと認めつつ、退場すべきと主張したコメンテーターに不満を表している。

「試合を見直したところだ。僕のタックルが悪かったことは同意する。主審が対応した。マーティン・タイラーは試合中、ずっとそれについて黙らなかったね」

「そして誰かが誰かの顔をはたいても、彼はそれについて話さない。僕はマーティンが好きだけど、これは彼にとって良くないことだ」

ルーニーがほのめかしているのは、終了間際のカーディフのFKの場面で、MFギャリー・メデルがユナイテッドMFマルアン・フェライニの顔面をはたいたシーンだ。スワーブリック主審は両選手を注意したが、警告は出されなかった。

Goal.com

新着記事

↑top