城福浩~父の背中が語るもの~

2013年11月26日(Tue)16時16分配信

text by いとうやまね photo Kenzaburo Matsuoka , junior soccer editorial staff
Tags: , , , ,

息子の試練、父としての本音

城福浩~父の背中が語るもの~
城福は、監督業のかたわら、サッカー協会が主催している研修の手伝いをしていた【写真:ジュニアサッカーを応援しよう!編集部】

 2008年春、「城福東京」の出だしは絶好調だった。息子は、よくクラスメートにせがまれては、選手のサインやシャツ、父親のサインも頼んできた。城福も、できる限りのことはしてやった。

 調子のいい時はいい。これが負けはじめると、事態は一変する。

 夏場に入り、FC東京は苦戦を強いられた。運動量を要する戦術に、夏の暑さが足かせとなったのかもしれない。怪我人も続き、思うように勝てなくなっていた。

 子どもの世界は、残酷なまでにストレートである。悪気はなくとも、その言葉には容赦というものがない。父親のチームが連敗をはじめると、教室の中でコールが湧き起こった。

『原トーキョー! 原トーキョー!』

 前監督を讃える大合唱は、拍手と笑いともに、クラス中を巻き込んだ。

 その夜、息子は父にこう言った。

「親父、俺は今受験の時期だし、高校生だからいいけど、これが中学の時だったら、間違いなく登校拒否だね」

 言葉が出なかった。前任者の原博実氏とは、大学の先輩後輩の間柄。仲もいいし、世話にもなっている。自分が比べられるぶんには一向にかまわない。

 しかし、実際にからかわれているのは、息子だった。城福は、監督業のかたわら、サッカー協会が主催している研修の手伝いをしていた。サッカーの指導者ライセンス取得のための、インストラクターの仕事だった。

 あの夜の息子とのやり取り以降、城福は受講者にこう話すようになったという。

「みなさんへのアドバイスはない。そんな大きなことは言えない。ひとつだけ言えるのは、本当にプロの監督をやる覚悟があるのなら、子どもが中学を卒業してからにした方がいい」

 父としての本音である。

1 2 3 4 5 6

新着記事

FChan TV

↑top