カリアリ移籍に満足のアダン

2013年12月18日(Wed)20時18分配信


Tags: , , , , ,

モウリーニョに関しては「話したくない」
モウリーニョに関しては「話したくない」【写真:goal.com】

この夏にレアル・マドリーを退団し、11月にカリアリ移籍を決定したGKアントニオ・アダンが、移籍に満足感をあらわにしている。

2014年までマドリーとの契約を残していたアダンだが、移籍を求めてこの夏に契約を解消した。その後、マラガで数週間個人練習に励み、先月イタリア移籍が正式に決まっている。

アダンはスペイン『マルカ』のインタビューに答え、移籍の経緯を語っている。

「多くの選択肢があったのは確かだね。7つか8つのクラブがあった。僕はマドリーとの契約を1年残していたんだけど、契約を解除してフリーになるための交渉を続けていた」

「スペイン、ロシア、ポルトガルからもオファーがあったけど、カリアリを選んだよ。自分のキャリアを続けるために理想的なクラブだと思ったからね。ここではプレーできる可能性があり、それが僕にとって最も大事なことなんだ。チャンスを与えてくれた会長に感謝したい」

昨季中盤には、マドリーでGKイケル・カシージャスに代わって定位置を任されたアダン。ジョゼ・モウリーニョ前監督はアダンへの信頼を強調していたが、カシージャスが負傷した際には冬の移籍市場でセビージャからGKディエゴ・ロペスを獲得した。

「モウリーニョが僕を利用した? そうは思わないよ。でも、そのテーマは僕が触れたくないテーマだ」

「僕は監督が要求したときに、出場しただけ。そのことについては、彼とも話さなければいけないんじゃないかな。その質問にどう答えるかを見てみないといけないね」

マドリーで続くD・ロペスとカシージャスの定位置争いに関しては、以下のように話している。

「D・ロペスは偉大なGKだ。だけど、議論は常にあるだろう。カシージャスは、ここ5年間世界最高のGKであり続けたわけだから」

「カシージャスは今でも(ビクトール・)バルデスより優れていると思う。でも、2人の違いはバルデスが見せているような継続性を、今はカシージャスが見せていないことだ。1カ月に1回のプレーで、それを評価するのは難しいけれどね。いずれにせよ、どちらも世界有数のGKだ」

Goal.com

新着記事

↑top