マルセイユ会長、ペレイラへの関心を認める

2014年01月07日(Tue)16時16分配信


Tags: , , , , , ,

ジニャックへのプレミアのオファーは拒否
ジニャックへのプレミアのオファーは拒否【写真:goal.com】

マルセイユのヴァンサン・ラブルン会長は、インテルDFアルバロ・ペレイラの獲得に関心を持っていることを認めている。

インテルの左サイドで日本代表DF長友佑都とのポジション争いに苦戦し、ウルグアイ代表としてブラジル・ワールドカップに備えるためにも移籍を視野に入れているペレイラ。先日はトルコへの移籍の噂も報じられていた。

だがマルセイユは1月より、夏の移籍市場でのペレイラ獲得を望んでいる様子だ。ラブルン会長はフランス『RMC』で次のように話している。

「我々が興味を持っている選手だ。この冬というよりは、夏に向けてだ。資金の余裕はないのであまり動くことはできないが、出て行く選手がいればその代役は見つける。そうでなければこのままだ」

一方、ラブルン会長はFWアンドレ=ピエール・ジニャックに対してプレミアリーグから好条件のオファーがあったが、これを拒否したことも明かした。

「秘密を明かすことはないが、ここ数週間で、イングランドのあるクラブからのかなり大きなオファーを断った。少なくとも今シーズン終了までは、我々はぜひ彼と一緒に続けたいと思っている」

フランス『レキップ』は、ジニャックにオファーを出したクラブはウェスト・ハムだったとしている。

Goal.com

新着記事

FChan TV

↑top