バルサ、ネイマール獲得コストが8620万ユーロと明かす

2014年01月25日(Sat)11時12分配信


Tags: , ,

サラリーも発表
サラリーも発表【写真:goal.com】

バルセロナは24日、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が会見を行い、FWネイマールの獲得に要したコストを明らかにした。合計で8620万ユーロになるようだ。

ネイマールの獲得をめぐっては、以前から違法なオペレーションがあったと騒がれ、バルセロナのソシオがサンドロ・ロセイ前会長に対して起こした訴訟が22日に受理された。ロセイ氏は23日に辞任を発表。副会長だったバルトメウ氏が後任として昇格した。

そのバルトメウ副会長は24日、ネイマール獲得交渉を担当した幹部のラウール・サンジェイ氏と会見に臨み、ネイマール獲得オペレーションのコストを明かした。機密保持契約を結んでいたネイマールの父親が、先日からの報道は不当だとして、詳細を発表することを許可したという。

これによると、移籍金自体はこれまでの主張と同じ5710万ユーロで、内訳はサントスに対して1710万ユーロ、ネイマールの両親が所有するN&N(ネイマール&ネイマール)社に「補償金」として4000万ユーロとなっている。

だが、バルサの発表やスペインメディアによると、それ以外の支払いとして、契約金1000万ユーロ、エージェントへの手数料270万ユーロ、マーケティング料400万ユーロ、ネイマールの基金に250万ユーロ、サントスとの協力資金やスカウト資金に990万ユーロと、合計2910万ユーロがかかっているという。

5710万ユーロと2910万ユーロをあわせると、8620万ユーロとなる。さらに、ネイマールがFIFAバロンドール争いで3位に入った場合にはボーナス200万ユーロが加わるとのことだ。この場合は合計コストが8820万ユーロとなる。

また、バルサはネイマールのサラリーも明かした。年俸880万ユーロの5年契約で、計4400万ユーロになる。

Goal.com

新着記事

↑top