カマタマーレ讃岐、2014補強診断。まともに組み合えば降格は必須、初のJ挑戦は厳しい戦いに

2014年02月24日(Mon)12時32分配信

text by 寺下友徳 photo Tomonori Terashita
Tags: , ,

補強面と総合力それぞれの診断結果

カマタマーレ讃岐、2014補強診断。まともに組み合えば降格は必須、初のJ挑戦は厳しい戦いに
カマタマーレ讃岐・2014シーズン 予想フォーメーション

補強診断 D
戦力はアップしたが、不安は多く残る

 昨年来懸案だった両SBとセンターFWタイプの補強には成功。スピード系のCB補強ができなかった穴は、ボランチから後ろの連携と、森田耕一郎をはじめとするGKのコーチングで埋める構えだが、ここは流石に厳しい部分も。

総合力診断 E
まともに組み合っては危険。厳しい戦力

 高橋ないしは木島が復帰すれば4-4-2等も視野に入れるシステム併用と、時間帯や状況に応じた明確な戦い方、そして鍛え上げた運動量で戦力不足を補う。歯車がかみ合えばJ2残留も可能。とにかく相撲で言う「まともに組み合わないこと」が大事。

【了】

関連リンク

ワンランク上のJリーグ観戦術

1 2

新着記事

↑top