カマタマーレ讃岐、2014補強診断。まともに組み合えば降格は必須、初のJ挑戦は厳しい戦いに

フットボールチャンネルでは開幕に向けて、J2各クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、プレーオフを勝ち抜き、J2昇格を果たしたカマタマーレ讃岐を占う。

2014年02月24日(Mon)12時32分配信

text by 寺下友徳 photo Tomonori Terashita
Tags: , ,

「人で作るシステム」で開幕は「4-3-3」からスタート

カマタマーレ讃岐、2014補強診断。まともに組み合えば降格は必須、初のJ挑戦は厳しい戦いに
讃岐の攻守スイッチを入れる元日本代表FW我那覇和樹【写真:寺下友徳】

 今季、讃岐は右SBの武田有祐、左SBの沼田圭悟・小澤雄希、ボランチとSH・トップ下と汎用性に富むMF高木和正といったサイドプレーヤーを多数補強し、昨年SBで使わざるを得なかった藤田浩平や、持留新作を本来のポジションであるインサイドや一列前で使う体制を整えた。

 また、「ベテランが多いので力を合わせて若手を引っ張りたい」と語る元日本代表FW我那覇和樹は練習試合を通じ、ポストプレーとファーストディフェンスで高い精度を発揮。その一方で、昨年J2昇格の原動力となった木島良輔、高橋泰の開幕出場は難しいため、開幕からしばらくは中盤底に山本翔平、その前に藤田と岡村和哉が入る「4-3-3」を選択することになりそうだ。

「現在は自分たちの速いサッカーを出すことに取り組んでいるけど、リーグ戦になればここに『相手』が入ってくる。面白いサッカーができると思う」と秘かな自信をのぞかせる指揮官。その準備は練習試合を経るごとに着々と整っている。

2014シーズン 戦力入れ替え

カマタマーレ讃岐、2014補強診断。まともに組み合えば降格は必須、初のJ挑戦は厳しい戦いに

1 2

新着記事

↑top