V・ファーレン長崎、2014補強診断。“2年目のジンクス”を打ち破ることができるか?

フットボールチャンネルでは開幕に向けて、J2各クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、“2年目ジンクス”打破に挑むV・ファーレン長崎を占う。

2014年02月26日(Wed)12時31分配信

text by 編集部 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , ,

躍進の1年目を経て、地力が問われるシーズンに

V・ファーレン長崎、2014補強診断。“2年目のジンクス”を打ち破ることができるか?
高木琢也監督【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

 高木監督のもと、J参入1年目で驚愕の快進撃を成し遂げた長崎は、“2年目のジンクス”を打ち破るべく今季に臨む。昨季はノーマークだった序盤に勝ち点を稼いで自信を付けると、後半戦はその自信を実力に変えながら躍進を続けた。実際の戦いぶりを見ても、その躍進は驚きではあっても決して偶然ではなかった。

 今季は当然ながら相手のマークもキツくなる上に、GKの金山隼樹とボランチの岩間雄大をそれぞれ札幌と松本に引き抜かれた。当然ながら、中核を担った二人の放出は痛い。しかし、長崎はもともとチーム力で勝負するチームであり、昨季の経験は選手たちの地力を確実に引き上げているはずだ。高木監督が組織をうまく再構築できれば、昨季の再現も不可能ではない。

2014シーズン 戦力入れ替え

V・ファーレン長崎、2014補強診断。“2年目のジンクス”を打ち破ることができるか?

1 2

新着記事

↑top