アビスパ福岡、2014補強診断。攻撃力は向上、高いポテンシャルを引き出すことができるか?

2014年02月27日(Thu)11時49分配信

text by 編集部 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , ,

補強面と総合力それぞれの診断結果

アビスパ福岡、2014補強診断。攻撃力は向上、高いポテンシャルを引き出すことができるか?
アビスパ福岡・2014シーズン 予想フォーメーション

補強診断 C
中盤の構成力はアップも守備の不安は解消されぬまま

 城後の慰留に成功し、北九州から森村を獲得したことで中盤の構成力をアップさせた。特にチームの中心である城後が残留したことは大きく、昨季を通して安定感のあった中原を加えた3人で攻守にわたって水準以上のプレーを見せてくれるはずだ。

 ただ、昨季からときおり脆さを露呈している守備面の不安は残る。攻撃的なスタイルを選択している以上、ある程度の不安定さは仕方ないが、尾亦、宮本というベテランを放出(宮本は引退)して若手に切り替えた両SBに堅牢さは求められない。新加入のCBイ・グァンソンがどれだけ活躍できるかも関係してくるが、攻撃に出ることで守備機会を減らすような戦い方は必要になってくるだろう。

総合力診断 C
昨季よりも向上した攻撃力で残った弱点をカバーできるか

 プシュニク政権2年目となり、攻撃志向がより鮮明なチーム構成となった。課題の守備面で劇的な改善を望めない以上、攻撃力を高めることでカバーすることが重要だ。両SBの積極的な攻撃参加やアンカーである中原の散らしを中心とした攻撃にさらに磨きをかけ、得点力アップを目指したい。

 サイド攻撃を重視する[4-3-3]システムの中で得点力のカギを握るのは、中央で構えるセンターFW。そしてその座を争うのは、昨季二ケタ得点を挙げた坂田、来日2年目を迎えるプノセバッチ、そしてガンバ大阪から新加入の平井だ。三者三様の特長を持つ彼らをプシュニク監督が生かし切れれば、リーグでも有数の破壊力を手にできるだろう。その先に上位進出も見えてくる。

【了】

1 2

新着記事

↑top