アビスパ福岡、2014補強診断。攻撃力は向上、高いポテンシャルを引き出すことができるか?

フットボールチャンネルでは開幕に向けて、J2各クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、プシュニク体制2年目を迎えるアビスパ福岡を占う。

2014年02月27日(Thu)11時49分配信

text by 編集部 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , ,

プシュニク改革2年目。若手の成長が躍進のカギを握る

20140227_marian_kudo
マリヤン・プシュニク監督【写真:工藤明日香 /フットボールチャンネル】

 昨季は就任1年目のマリヤン・プシュニク監督のもと、攻守ともに超が付くほどにアグレッシブなサッカーを展開。一昨季のチームに蔓延していた停滞感を打ち払うことに成功した。SBにウインガーを配するなど、プシュニク監督の攻撃的な選手起用はまさに“改革”と呼べるもので、三島や金森といった若手は見事にブレイクを果たした。

 今季は昨季にも増して若手の多い編成となり、彼らをいかに使いながら育てるかがチームの命運を握る。大黒柱の城後も残留しただけに、うまくチームが回ればJ1昇格プレーオフ圏内争いを展開できる潜在能力は秘めている。

2014シーズン 戦力入れ替え

アビスパ福岡、2014補強診断。攻撃力は向上、高いポテンシャルを引き出すことができるか?

1 2

新着記事

↑top