やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦のJリーガーが裏話語る

2014年05月02日(Fri)16時30分配信

text by いしかわ ごう
Tags: , , , , , , ,

「ミスったら痛い。ボールが当たって足がもぎれそうになる」

「反動蹴速迅砲」は中国ユース代表の肖俊光(しょうしゅんこう)が放つ必殺シュート。

 相手の蹴ったボールを正面から蹴り返すことで爆発的な破壊力を生むことでも知られており、作品内では若林源三の「ペナルティエリア外からのシュートは必ず止める」という伝説に終止符を打った技としてもファンに間では知られている。

 公開された動画では、中村憲剛が強く蹴ったボールを対峙している大久保嘉人が至近距離で蹴り返すことに成功。シュートは鋭い弾道でゴールネットに突き刺さっていた。

 実際の撮影では何度か挑戦しての成功だったようで、中村憲剛は、「嘉人は足首を固定して足を振る。自分はそこに合わせる。それだけを意識しました」とポイントについて説明。

 一方の大久保嘉人は「ミスったら痛い。ボールが当たって足がもぎれそうになる」と撮影の舞台裏での失敗談を苦笑いで話していた。原作同様、負傷と背中合わせの危険な技なのかもしれない。

 すでに大きな話題を呼んでいるが、中村憲剛曰く、目標再生回数は600万回とのこと。みなさんもぜひ一度チェックして欲しい。

【了】

関連リンク

川崎フロンターレ 夢の等々力劇場

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

1 2

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top