レアル戦後、コメント全文「思ったよりできた。収穫多い」。ハーフナーがデビュー戦で感じた手応えとは?

2014年08月26日(火)11時38分配信

text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , ,

「今はコルドバに集中したいので、代表のことは特に考えていないです」

――練習試合でやってきたことができたということでしょうか?

「いや、練習試合でまったくできなかったことが今日できたので、すごく良かったと思いました(笑)」

――具体的にはどこでしょうか?

「守備の面だったり、つなぐ面だったり、練習試合では簡単にミスしていたところが今日は本当にうまくいったし、守備もけっこう脆いところが練習試合では出ていたんですけど、今日はしっかりクリアするところはクリアして、本当に良い守備ができたと思う」

――メリハリついていた、という感じ?

「うん。なんか、練習試合では個人的には想像できなかったので(笑)。これならリーガでも戦える……」

――残留も行けるかな、と?

「はい」

――その点について、監督は試合後に何か言っていましたか?

「まだ何も言ってないですね」

――チームメートは納得している感じでしょうか?

「もちろん、みんな負けることは嫌ですけど、どちらかというと、このチームにとっては収穫が多かったので。みんなもしっかり切り替えていて」

――具体的に収穫とは何でしょうか?

「しっかり守備ができて、しっかりカウンターでチャンスに結びつけられたことが収穫だったと思います」

――アギーレ監督は色々な選手を試すと言っていましたが、代表復帰に対する思いは?

「今はコルドバに集中したいので、代表のことは特に考えていないです」

――ペペと笑い合っていた場面がありましたが。

「個人的には競り合いのときに絶対に腕が上がるし、その中で自分の手のひらが相手の頭に当たったんですけど、あっちは『ひじ~』とか言ってきたので、『違うよ、手だよ』ってそこで頭に手をのっけたら(笑)。まあ、あそこで怒らずにしっかりと笑顔を見せてくれたので……。頭突きされなくて良かったです(笑)」

――スペイン語は?

「徐々にです。簡単なところから……。みんなスペイン語で話しかけてくれるので、分かるところも分からないところもいっぱいありますけど、徐々に覚えていけたら。半年ぐらいで会話ができると思います」

【了】

関連リンク

ハーフナー家の絆
ザックジャパンの軌跡 蒼き戦士たちの躍進とブラジルでの敗北、そして未来
フットボールチャンネル03 代表23人が語る 敗北の真実
サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性

1 2 3

新着記事

↑top