イスコ「ハメスと僕は共存可能」。前線の守備放棄にも言及「それも僕らの長所」

2014年10月01日(Wed)17時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

イスコ「ハメスと僕は共存可能」。前線の守備放棄にも言及「それも僕らの長所」
イスコ【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーのMFイスコはチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節ルドゴレツ戦の試合前日記者会見に臨んだ。

――ディフェンスでも貢献していますね。

「監督は僕がもっと守備に励んで欲しいから今そうしているよ。試合に出たければ守備陣に手助けもしなければいけない。ボールの扱いはちゃんとできている。そして今はディフェンスでもやらなければいけない」

――チーム内での競争は激しく、コンスタントに出場することができません。

「イジャラ(イジャラメンディ)や僕みたいな選手達にはやる気が出るために何か特別に言われる必要は無い。毎年競争が激しいことは分かっている。近い将来にはレギュラーの座を勝ち取りたい。今は出た試合をできるだけエンジョイしている」

――ハメスとの共存は?

「共存できるさ。僕においては全然問題ない。チームのクオリティーを上げている」

――チームの最前線はあまり守備をしていません。

「チームがたまに真っ二つになってしまうのは本当だ。でもそれもまた僕らの長所だよ。最前線にはゴールを量産する怪物が3人いるからね。全てが完璧なんてのは不可能だ」

――試合出場は少ないがそれでも幸せか?

「試合にはそんなに出ていないけど、これからもっと出場できるよう願う。昨季は最高だった。タイトルをたくさん制覇したし、レアル・マドリーでは幸せだよ」

――あなたはサポーターのお気に入り選手でもある。

「ベルナベウの芝生を初めて踏んだ時からサポーターが見せてくれた愛情は考えられないほどのものだよ。毎日努力しているけど最終決断は監督の下にある」

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

勝ち続ける男モウリーニョ
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論
サッカー好きほど知らない戦術の常識

新着記事

↑top