本田、FKゴールを語る「譲れるところではなかった。セットプレー専門家のレッスンの成果出た」

セリエA第6節、ミランはキエーボに2-0で勝利した。試合後、本田圭佑が今シーズン4得点目となったFKについて語った。

2014年10月05日(日)10時01分配信

text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , ,

本田、FKゴールを語る「譲れるところではなかった。セットプレー専門家のレッスンの成果出た」
フリーキックを直接決めた本田圭佑【写真:Getty Images】

――公式戦で初のFKによるゴール。蹴る前にメネズとやり取りがあったようですが?

「いや、彼も蹴りたそうだったんで。まあ、譲れるところではなかったんでね、その辺は。彼がカカーなら譲っていたかもしれないんですけど」

――このゴールで団結したのではないでしょうか?

「そうですね。そういったゴールになれて良かったです」

――FKはよく練習をされているようだが、その成果が出たと?

「そうですね。インザーギ監督が連れてきた、セットプレー専門の人(編注:フィオレンティーナからミランへと移ったセットプレー専門家のヴィオ氏のこと)も今はいますんで、その人につきっきりでレッスンと言いますか、指導をしてもらっている部分もあるんで、早く決めたいという思いもありました。

 もちろんアシストでも結果を残したいという気持ちもありましたし、セットプレーも今後自分が任されるようになれば、継続してチームの得点源になれるように、頑張っていきたいと思っています」

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

本田に生きる道はあるか?
強いやつに勝ちたい。世界中に認められたい
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
本田圭佑という哲学 世界のHONDAになる日
代表23人が語る 敗北の真実
ザックジャパンの軌跡 蒼き戦士たちの躍進とブラジルでの敗北、そして未来

新着記事

↑top