本田圭佑

20170228_tokushu_getty

特集:海外組の真価~日本人選手の現在地

これまで日本代表をけん引してきた選手たちが所属クラブで出場機会を失い、踊り場にあるように思える日本サッカー。日本は欧州トップレベルから取り残されてしまうのか。海外組の現在地を探りながら考えたい。

本田

本田、ミランで戦力と評価されない理由。名門の経営難に翻弄された“10番”の苦闘【海外組の真価~日本人選手の現在地】

これまで日本代表をけん引してきた選手たちが所属クラブで出場機会を失い、踊り場にあるように思える日本サッカー。いま改めて海外組の現在地を探っていきたい。今回取り上げるのは、ミランの本田圭佑。名門で10番を背負う日本代表MFは「ミランに在籍する実力はない」と批判されながらも、加入後2年半で公式戦83試合に出場するなど一時は主力としてプレーしてきた。しかし名門の経営難に翻弄された本田は、今季は出場機会を得ることができず、退団は既定路線とされている。果たして、本田はなぜ戦力として評価されなくなってしまったのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ACミラン

ミラン、2人退場から掴んだ奇妙な勝利。ボローニャの“自滅劇”を呼び込んだ3つの要因とは

ミランは現地時間8日、延期となっていたセリエA第18節でボローニャとアウェイで対戦。2人の退場者を出して9人で戦っていたミランだったが、試合終了間際に決勝点を挙げて1-0の勝利を収めるという、なんとも奇妙な試合だった。ボローニャのロベルト・ドナドーニ監督は「どんな悪夢よりもひどい」と“自滅劇”を嘆いていたが、ミランが9人で勝利を掴み取ったのには3つの要因があった。(取材・文:神尾光臣【ボローニャ】)

本田圭佑

本田の出場はやはり望み薄か。泥沼ミランは連敗脱出へ…指揮官が示唆した先発変更の可能性

ミランは現地時間8日、延期分となっていたセリエA第18節でボローニャとアウェイで対戦する。今季は試合内容も悪くなく、チームは成長を続けているが、リーグ戦で3連敗を喫しているミラン。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は先発メンバーの変更を前日の記者会見で示唆したものの、やはり本田圭佑の出場は望み薄の状況である。(取材・文:神尾光臣【ボローニャ】)

本田圭佑

ミラン、7位転落で叫ばれる「危機」。急成長のサンプに対抗手段は? 戦術変更もやむなしか

ミランは現地時間5日のセリエA第23節でサンプドリアと対戦する。ここ4試合で1分3敗と停滞する中、崩しの切り札であるジャコモ・ボナベントゥーラが長期離脱。戦術家マルコ・ジャンパオロに率いられ急成長を遂げるサンプドリア相手に対抗手段はあるのか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top