Home » サッカー最新ニュース » 暗黒時代…。ACミラン歴代最弱チーム5選(2)大転落…。セリエA優勝→11位の悪夢。突如終わりを迎えた黄金期

暗黒時代…。ACミラン歴代最弱チーム5選(2)大転落…。セリエA優勝→11位の悪夢。突如終わりを迎えた黄金期

2023年03月18日(土)18時30分配信

シリーズ:歴代最弱チーム5選
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

ACミラン 最新ニュース

 1899年に創設されたミランは、これまでリーグ優勝19回、国内カップ優勝5回、チャンピオンズリーグ優勝7回など、数々のタイトルを獲得してきた。しかし、どんな栄光に満ちたクラブでも浮き沈みはあるもので、ファンをがっかりさせるシーズンもあった。今回は、過去50年の中からミラン歴代最弱チームを紹介する。


1996/97シーズン


【写真:Getty Images】

1996/97シーズン成績
セリエA:11位
イタリアカップ:ベスト8
UEFAチャンピオンズリーグ:グループステージ敗退
監督:オスカル・タバレス→アリゴ・サッキ


【ミラン参戦の欧州CLを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】

 ファビオ・カペッロ体制の5年間で4度のセリエA優勝を果たしたあとの1996/97シーズン。ミランのリーグ戦の最終順位は11位だった。アリゴ・サッキが築いてカペッロに引き継がれた黄金期は、突如として崩壊している。

 カペッロの後任としてウルグアイ人のオスカル・タバレスを迎えたチームは、フランコ・バレージ、パオロ・マルディーニ、ロベルト・バッジョ、ジョージ・ウェアといった選手に加えて、エドガー・ダービッツらを新たに獲得したが、シーズン序盤から低迷を続けた。

 この緊急事態を受けてミランは第11節終了後にタバレス監督を解任。サッキに立て直しを委ねた。しかし、冬の移籍市場でクリスティアン・パヌッチがカペッロ監督率いるレアル・マドリードに引き抜かれるなどしたことも影響して、前年の強さを取り戻すことはできずにシーズンを終えている。

 1995/96シーズンのミランは60得点24失点でセリエA優勝を果たしたが、このシーズンは43得点45失点。ディフェンディングチャンピオンが11位フィニッシュという悪夢のシーズンだった。

【関連記事】
暗黒時代…。ミラン歴代最弱チーム 全チーム紹介
暗黒時代…。ミラン歴代最弱チーム(1)
暗黒時代…。ミラン歴代最弱チーム(3)

【了】

新着記事

↑top