フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

もう見たくない…。ミランで嫌われすぎた選手6人。まさか…。サポーターを激怒させた男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

ACミラン 最新ニュース

 そのクラブに全てを捧げて、引退後もサポーターから熱烈な支持を受けるレジェンドと呼ばれる選手もいれば、移籍、給与、言動などが原因でサポーターから歓迎をされない「嫌われた選手」もいる。今回は、様々な理由からACミランで嫌われた6人の選手を紹介する。


DF:レオナルド・ボヌッチ(フェネルバフチェ)


【写真:Getty Images】

生年月日:1987年5月1日
ミラン通算成績:51試合2得点1アシスト

今シーズンのミランはSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]


 レオナルド・ボヌッチは、2017年夏にユベントスからやってきて、わずか1年でユベントスに戻っていった。

 2017年、当時のミランは、優勝争いに食い込めない冬の時代だった。復権を目指すチームを引っ張る選手として、実績も実力も十分なボヌッチを4200万ユーロ(約58億8800万円)の移籍金で獲得し、すぐにキャプテンを任せている。5年契約で迎えたことからも、ミランが長期的な活躍を期待していたことは明らかだ。

 しかし、ボヌッチはシーズンを通してレギュラーを務めたものの、ユベントスのときのように周囲に対人守備に長けた味方がいるわけではなく、プレーでチームを引っ張ることはできなかった。期待されたほどのリーダーシップも示せずに終わっている。ファンからすれば、外からきたよそ者であり、何のための大物補強だったのかは最後まで理解できなかった。

 ミランは4200万ユーロで獲得したボヌッチを、3500万ユーロ(約49億円)でユベントスに返却した。ただ、同じタイミングでユベントスからほぼ同じ条件でマッティア・カルダーラを獲得しており、実質的にはトレードの形となっている。そのカルダーラは怪我の影響もあってミランで全く活躍できておらず、ボヌッチに投じた金額を回収したとは言いがたい。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top