フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

もう見たくない…。ミランで嫌われすぎた選手6人。まさか…。サポーターを激怒させた男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

MF:アンドレア・ベルトラッチ(カラギュムリュク)


【写真:Getty Images】


生年月日:1991年1月11日
ミラン通算成績:52試合2得点2アシスト

 ローマの下部組織で育ったアンドレア・ベルトラッチは、2012年に加入したジェノアで頭角を現し、2014/15シーズンにセリエAで6得点8アシストを記録して評価を高め、2015年夏にミランに加わった。

 しかし、2100万ユーロ(約29億4000万円)の大金を投じて獲得した新戦力は、シーズン序盤から全くフィットせず、コンスタントに起用されたものの、パフォーマンスが上がらなかった。2年目は度重なるケガで試合出場は激減し、2017年夏に古巣のジェノアにレンタルで復帰。1年後に戻ってきたものの、2018/19シーズンは1年を通してリーグ戦の出場はなく、UEFAヨーロッパリーグ(EL)で4試合に出場しただけだった。その後、2019年にフリーで退団している。

 ベルトラッチがチームとファンの信頼を勝ちとれなかった最大の要因は、ケガの多さだった。ジェノア時代はシーズンを通して活躍していたが、ミランでは筋肉系の負傷を繰り返した。のちにイタリア誌『スポーツウィーク』のインタビューで「復帰するとまたケガをするような感じだった。そのたびにイチからやり直しだった。勝利を求められるクラブで精神的に楽ではなかった」と、当時の苦悩を話している。

 特にファンががく然としたのは2017年3月のジェノア戦で、先発で起用されたベルトラッチは、開始3分で負傷交代となった。連続で起用されていた時期に離脱し、つかみかけたレギュラーポジションを失った形だった。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top