フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

もう見たくない…。ミランで嫌われすぎた選手6人。まさか…。サポーターを激怒させた男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

MF:ハカン・チャルハノール(インテル)


【写真:Getty Images】


生年月日:1994年2月8日
ミラン通算成績:172試合32得点48アシスト

 トルコ代表のハカン・チャルハノールは、ミランファンがいま最も憎い選手の1人だろう。

 チャルハノールは、2017年夏に2330万ユーロ(約32億6200万円)の移籍金でレバークーゼンからミランに加入した。すんなり適応したわけではないものの、圧倒的な技術と正確なキックを武器にレギュラーに定着し、2019/20シーズンはセリエAで9得点9アシストを記録している。

 しかし、2020/21シーズンは頑なにミランからの契約延長オファーを断り続けた。ファンからすれば、ようやく活躍し出したかと思ったら契約延長を拒否しているように見えたに違いない。しかも、フリーとなって移った新天地が同じ街のライバルであるインテルに決まったのだから、怒りは爆発した。

 チャルハノールは、インテル加入1年目の2021年11月に行われたミランとのミラノダービーで得点を決めた際に、ミランサポーターを挑発するような行為で怒りを逆なでしており、関係修復は不可能と見て間違いない。

 チャルハノールはインテルに加入した際、「セリエAで優勝するため」と話していた。しかし、2021/22シーズンに優勝したのはミランだった。チャルハノールが間違いだったことを結果で証明したミラニスタは、大いに喜んでいた。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top