堂安律が目指す本田圭佑超え。サッカー日本代表、必然だった逆境大好き人間の活躍【カタールW杯】

2022年12月02日(金)12時52分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカー日本代表は現地時間1日、FIFAワールドカップカタール2022グループE第3節でスペイン代表と対戦し、2-1で勝利した。逆転勝利のきっかけとなったのは堂安律。これまでの道程と背番号8が持つマインドを辿れば、この男が活躍するのは必然だったのかもしれない。(取材・文:元川悦子【カタール】)


隙を見逃さなかった堂安律

【写真:田中伸弥】

 世界最高峰のスペイン代表に勝たなければ、2022年カタールワールドカップ(W杯)が終わってしまう可能性もあった日本代表。現地時間12月1日のグループリーグ最終戦では前半12分にアルバロ・モラタに早々と先制点を奪われ、ドイツ代表・コスタリカ代表戦に続いてまたも前半45分間に苦戦を強いられた。

【カタールW杯を追っかけ再生・広告なしで観られる!
14日間0円のABEMAプレミアムの登録はこちら!】


 停滞感に包まれる中、迎えた後半。このタイミングで三笘薫とともに登場した堂安律は「相手がちょっとフワッと入った雰囲気があったので、チャンスだなと思っていた」とスペイン代表の隙を見逃さなかった。

 日本代表は前半とは打って変わってハイプレスにトライ。開始3分には前田大然がGKウナイ・シモンにプレスをかけ、守備のスイッチをグイっと入れた。ここからロドリ、ダニ・カルバハルと展開されたボールに鎌田大地と三笘が勢いよくアタック。ロドリ、ウナイ・シモンへとリターンされると、今度は再び前田が勢いよくチェックに行った。

 これに脅威に感じた名守護神はまさかのキックミス。左サイドバックのアレハンドロ・バルデもコントロールしきれず、伊東純也がヘッドで競り勝ち、最終的に堂安の前にボールがこぼれる形になった。

「逆に何であそこでフリーになったか分からないくらいフリーだった。あそこでフリーにさせると堂安律は危ないので、決めました」

1 2 3 4

新着記事

↑top