ヒッツフェルト氏「シャキリは移籍を検討すべきだ」

2014年10月09日(Thu)11時07分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20141009_shaqiri_getty
バイエルン・ミュンヘンMFシェルダン・シャキリ【写真:Getty Images】

 8日、スイス代表元監督のオットマー・ヒッツフェルト氏は、ドイツ紙『スポルト・ビルド』でスイス代表、バイエルン・ミュンヘンMFシェルダン・シャキリに移籍を勧めている。

 同氏は「シェルダンには出場機会が必要。この冬に期限付きでもいいから移籍を検討するべきだ」とコメントしている。

 シャキリは2012年の夏からバイエルンに加入。MFフランク・リベリをはじめ、有力選手の多い同チームで昨シーズンはリーグ戦17試合出場と満足に出場機会を得られていない。今シーズンも7試合を消化し、5試合で417分間とあまり変化はない。リベリを怪我で欠いてはいるが、FWロベルト・レヴァンドフスキ、アリエン・ロッベン、MFトーマス・ミュラーなどに後塵を拝している。

 リベリの復帰次第ではさらに出番が減る可能性も否めない。過去にはリバプールからのオファーもあり、最近ではASモナコ、スパルタク・モスクワなども噂に出ている。また、8日のドイツ紙『ビルド』で、先日夜遊びでベンチ外となったMFアルトゥーロ・ビダルの代わりにユベントスが獲得を検討しているという報道もある。

 バイエルンとの契約は2016年まで残っているが、恩師の助言によりどのように決断するのか今後の動向が注目される。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top