内田シャルケ、ディ・マッテオ新監督は「攻撃的なサッカー」。ヘルトSDがTV番組で語る

2014年10月13日(Mon)13時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

内田シャルケ、ディ・マッテオ新監督は「攻撃的なサッカー」。ヘルトSDがTV番組で語る
シャルケのホルスト・ヘルトSDとイェンス・ケラー前監督【写真:Getty Images】

 DF内田篤人の所属するシャルケのホルスト・ヘルトSDは12日、ドイツのテレビ番組『ドッペル・パス』に出演。イェンス・ケラー前監督の解任理由とロベルト・ディ・マッテオ新監督によるこれからのシャルケについて語っている。

 ヘルトSDはまず、「一貫性に欠いていた」とケラー前監督の解雇理由を明かした。また、「後半戦に向けて、我々は安定性を必要としていた」とリーグ再開前にテコ入れを図った様子。そして、タイミングも「我々が正しいと納得できる時期」だったという。

 しかし、ケラー前監督は負傷者続出で苦しい戦いを強いられていたことも事実。それついて同SDは「確かに怪我は大きな問題だ。代表のみならず、欧州トップリーグ全体的にね。選手たちの負担は限界に達している」と認めた。そのため、これ以上試合数を増やすべきではないと警告している。

 ディ・マッテオ新監督については「経験豊富な男だ。ラツィオやチェルシーのようなビッグクラブでのプレー経験もある」とコメント。そして、守備的なサッカーをするのではないかという不安を「シャルケでは攻撃的なサッカーをしてくれる」と一蹴。ただし、「相手にもよる」と臨機応変に対応していくと考えている。

 さらにチェルシー時代は「チームがエゴイストの集団だった。それゆえ、1つの型にはめてFAカップとCL(チャンピオンズリーグ)を制している」と補足している。

 リーグ再開前にテコ入れを計ったシャルケ。再開後のヘルタ・ベルリン戦ではメンバーもさることながら、どのような戦い方をするのか注目される。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

ペップの狂気 妥協なき理想主義が生むフットボールの究極形
サッカー好きほど知らない戦術の常識
グアルディオラが受け継いだ戦術フィロソフィー
ドイツが独自に試みる「個」へのアプローチ「ライフキネティック」理論とは何か?
サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

↑top