20141014_valan_getty
マドリーではチームメート同士のC・ロナウド(右)とヴァランヌ(左)【写真:Getty Images】

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、マドリー時代に獲得したDFラファエル・ヴァランヌについて、当時マンチェスター・ユナイテッド加入間近だったことを明かした。13日の『デイリーメール』によれば、モウリーニョはフランス『テレフット』のインタビューでそのことについて語ったという。

 ヴァランヌはモウリーニョがレアル・マドリーの監督時代の2011年にフランスのRCランスから獲得。当時トップチームのアシスタントコーチを務めていたジネディーヌ・ジダンから獲得を勧められていた。

「ヴァランヌは、ユナイテッドに移籍が決まりかけていた。しかし、マドリーの魅力が勝り、私たちのもとにやってきたのさ」

 モウリーニョは、今夏もこのフランス代表DFをチェルシーに連れてこようと試みたが、失敗に終わっている。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top