シャルケSD、解任の前監督にいまだ遺恨? 今季ベスト総走行距離も満足せず「我々は問題を抱えていた」

2014年11月02日(Sun)14時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

シャルケSD、解任の前監督にいまだ遺恨? 今季ベスト総走行距離も満足せず「我々は問題を抱えていた」
ホルスト・ヘルトSD【写真:Getty Images】

 ブンデスリーガの第10節が現地時間31日に行われ、DF内田篤人の所属するシャルケはホームでアウグスブルクと対戦して1-0で勝利している。

 ロベルト・ディ・マッテオ新体制で、4試合行い3勝目となったこの試合、選手たちの総走行距離は119.3キロを記録。今季のベストとなった。

 しかし、シャルケのホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)は、コンディションはまだ万全でないと見ており、イェンス・ケラー前監督に問題があったと述べている。1日のドイツ紙『レヴィア・スポルト』が報じている。

 今季のベスト総走行距離を記録したにもかかわらず、ヘルトSDは納得していない。同SDは「一部の選手は、60分から70分過ぎに膝に手を当てていた」と説明。そして、「試合をする上で、まだ2、3の問題を抱えている」と苦言を呈した。

 その原因として「我々は監督に問題を抱えていた」と、明かしている。同紙はこの発言に対し、ケラー前監督の批判とも取れると報じている。

 ヘルトSDは、今のままでは、1週間の間に休みがあったとしても、試合で90分間走り続けるとはできないだろうと予想。それだけに、「この状況での勝利は、大きな価値がある」と、勝利に安堵しているようだ。

 だが、MFユリアン・ドラクスラーがこの試合で負傷。年内の復帰は絶望的と見られている。さらに現地時間5日にチャンピオンズリーグ(CL)、週末に再びリーグ戦と過密日程で問題は多い。

 ヘルトSDは「できるだけ無理せずウインターブレイクを迎えたい」と、話すが、そう簡単にはいかないようだ。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論
それでも「内田篤人」が愛される理由

新着記事

↑top