22年カタールW杯、開催地返上濃厚か。FIFA会長が組織委員長を非難「金さえあれば許されると思っている」

2014年11月11日(Tue)16時31分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

22年カタールW杯、開催地返上濃厚か。FIFA会長が組織委員長を非難「金さえあれば許されると思っている」
FIFAのブラッター会長【写真:Getty Images】

 2022年のW杯開催地問題について、新証言が明らかになった。『インターナショナル・ビジネス・タイムス』が10日付で報じている。

 記事によれば、先月ノルウェーサッカー連盟のスタッフとFIFAのゼップ・ブラッター会長が夕食を共にした際、ブラッター会長は「2022年のW杯はカタールで開催されない」と発言したという。

 さらにブラッター会長はカタールW杯の組織委員長でカタール首長一族の一人でもあるシェイク・モハメド・ビン・ハマド・アル・タニ氏のことを「傲慢」、「彼らは金さえあればすべてが許されると思っている」と非難したとされている。

 FIFAの広報担当者はこれらの発言には「根拠がない」と否定しているが、カタールW杯の開催地返上は時間の問題と言えそうだ。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top