英2部レディングのアイルランド人DFが”不名誉なハットトリック”を達成

 イングランドのチャンピオンシップ(2部相当)で、現地時間の21日に行われたカーディフ対レディングの一戦でなんとも珍しい出来事が起きた。

2014年11月23日(Sun)8時15分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , ,

英2部レディングのアイルランド人DFが”不名誉なハットトリック”を達成
レディングのDFピアースにとっては悪夢のような夜に【写真:Getty Images】

 イングランドのチャンピオンシップ(2部相当)で、現地時間の21日に行われたカーディフ対レディングの一戦でなんとも珍しい出来事が起きた。

 物語の主役はレディングに所属するDFアレックス・ピアース。アイルランド代表歴もあるピアースはこの試合で不名誉な”ハットトリック”を達成。

 ハットトリックと言っても、ピアースが3ゴールを決めたわけではない。

 ピアースはこの試合、まず前半20分に”オウンゴール”でカーディフに先制点を与えてしまう。

 さらに前半ロスタイムにはペナルティエリア内でのファウルで”PK献上”。そして極めつけに、ピアースはこのプレーで”レッドカード”を受け退場処分。

 オウンゴール、PK献上、レッドカードと、立て続けに3つの不運が重なった。

 結局、レディングはオウンゴールとPKによる失点で1−2の敗戦。ピアースにとってはまさに悪夢と言える一日となってしまった。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

新着記事

FChan TV

↑top