クルトワはバルサ移籍を望んでいた? 元スカウトのボージャン父「約5億円で獲得できたのに…」

2014年11月25日(Tue)17時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

クルトワはバルサ移籍を望んでいた? 元スカウトのボージャン父「約5億円で獲得できたのに…」
ティボー・クルトワ【写真:Getty Images】

 元バルセロナのFWボージャン・クルキッチの父親でかつてスカウトを務めたボージャン・クルキッチ氏(息子と同名)は、スペインラジオ『カデナ・セル』で現チェルシーのGKティボー・クルトワが2011年に希望していた移籍先について言及した。

 クルキッチ氏は、現在はベテランGKチェフからチェルシーのレギュラーGKの座を奪ったクルトワに関して「バルサにとても行きたがっていた。あの時(2011年)は300万ユーロ(約4億2000万円)か400万ユーロ(約5億6000万円)で獲得できていた」と明かした。

 当時19歳のクルトワは、まだベルギーのゲンクに在籍しており、クルキッチ氏によると「1軍に昇格するか、バルサBに行くか、レンタル移籍を受け入れるつもりでいた。ところが、1か月後にはチェルシーが獲得した」と明かした。

 そして、「バルサはこの件について深入りせず、スビサレッタはすでに忘れ去っているだろう」と、2010年からSDを務めるアンドニ・スビサレッタ氏を批判した。

 また、バルセロナは当時レンヌに所属していた現レアル・マドリーのDFラファエル・ヴァランにも関心を示していたと主張。しかし、バルサが派遣したスカウトはモナコ対レンヌの試合を観た後「ネガティブな報告書」を提出したという。

 クルキッチ氏はこれに対して「私は好印象を受けた。レンタル移籍で武者修行に出すということもできた」と語った。

 そのスビサレッタSDは、メッシがリーガ歴代最多得点記録を更新した際、スタジアムのゴールスコアにバルトメウ会長と共に映し出された瞬間、観客から壮絶なブーイングを浴びた。

 いまだデビューを果たしていないDFトーマス・ヴェルメーレンの獲得など、同SDがサポーターの信頼を勝ち取るには程遠い状況といえる。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

↑top