チェルシー、ニューカッスルにリベンジ達成。ホームで完封勝利

2015年01月11日(Sun)1時54分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

チェルシー、ニューカッスルにリベンジ達成。ホームで完封勝利
D・コスタはチームの2点目を決めた【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグ第21節が現地時間10日に行われ、チェルシーはホームでニューカッスルと対戦して2-0で勝利を収めた。

 序盤、チェルシーはニューカッスルの積極的なプレスの前にペースをつかめないまま試合が進む。逆にニューカッスルはムサ・シソッコ、レミ・カベラといった推進力を持った選手を中心に攻撃を仕掛けていく。

 19分、カベラがチェルシーDFをすり抜けるようなドリブルからシュート。これはジョン・テリーに当たってCKへ。20分にも独特のリズムを刻むカベラのドリブルからチェルシーゴールにあと一歩と迫る。

 32分にもカベラが高い位置でボールを奪うと、DF2人を振りきって左足のシュート。ここはチェフがファインセーブでチームを救った。

 37分、チェルシーはDFセサル・アスピリクエタが負傷し、フィリペ・ルイスと交代するアクシデントが発生。

 それでも、押されていたチェルシーが43分に先制する。右CKを素早くリスタートすると、ボールを受けたブラニスラフ・イバノビッチがファーサイドへクロス。フリーで待っていたオスカールが冷静に蹴りこんだ。

 シュート数では9対3とニューカッスルが圧倒しながらも、チェルシーが1点リードで後半戦へ。

 59分、チェルシーは左サイドの崩しから追加点。アザールからのパスをエリア内で受けたオスカールがヒールパスでD・コスタへ。これを右足で豪快に決めて2-0とした。

 79分、再びD・コスタに訪れた決定機はファブリシオ・コロッチーニが防いだものの、ニューカッスルの選手たちには疲れが目立つようになる。俊足のFWエマニュエル・リビエール投入で活性化を図るも、得点は奪えなかった。

 4分のアディショナルタイムを経てタイムアップ。チェルシーは前回アウェイで敗れたニューカッスル相手にリベンジ達成。勝ち点を49に伸ばし、首位をキープした。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

↑top