ジエゴ・コスタ

20210220_focus_getty

史上最高額移籍は誰だ? サッカー選手歴代移籍金ランキング46~50位。GKで唯一名を連ねた男とは?

主に夏と冬の2回に渡って選手の移籍市場が開き、選手の移籍に伴って毎年のように巨額の移籍金が動いている。フットボールチャンネル編集部は、歴代選手における移籍金ランキングを作成し、上位に名を連ねる選手を紹介する。※移籍金はデータサイト『transfermarkt』を参照、金額は現在のレートで統一

0104FreeAgent1_getty

Jクラブも獲得可能? 現在フリーの名手5人(1)。アーセナルの天才、リバプールFW、プレミアリーグで活躍した選手たち

明治安田生命Jリーグは2020年シーズンが終わり、来月下旬の新シーズン開幕を前につかの間のオフを過ごしている。年明けとともに欧州各リーグの移籍市場が開く一方で、Jリーグの各クラブも新加入選手の獲得を着々と進めている。今回フットボールチャンネル編集部では、Jリーグのクラブも獲得可能な所属クラブが決まっていない選手5人をピックアップした(1月3日時点でフリーの選手が対象、市場価格は『Transfermarkt』を参照)。

ジョアン・フェリックス

ジョアン・フェリックスに覚醒の予感。アトレティコの攻撃をけん引…大変貌の要因とは?

現地9月30日にラ・リーガ第3節が行われ、岡崎慎司が所属するウエスカとアトレティコ・マドリードの一戦はスコアレスドローに終わった。互いにゴールが遠かった中でも、まばゆい輝きを放ったのはアトレティコのFWジョアン・フェリックスだった。大きな失望を残した昨季から一転して、開幕から絶好調の20歳に一体どんな変化があったのだろうか。(文:舩木渉)

ジョアン・フェリックス

アトレティコ、シメオネのスタイルは限界? 120億円補強が不発も…意外な脇役が巻き返しの原動力に【19/20シーズン総括(6)】

新型コロナウイルスという未曾有の脅威によって2度目の夏を迎えることになった、欧州の長い2019/20シーズンがようやく閉幕した。トラブルに見舞われ、新たな様式への適応も求められながら、タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な目標を掲げていた各クラブの戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はアトレティコ・マドリードの1年を振り返る。(文:編集部)

ジエゴ・コスタ

アトレティコ、狂気的爆発力は蘇るか? 8ヶ月ぶりゴール…ジエゴ・コスタの“野生”復活

アトレティコ・マドリーは現地14日に行われたラ・リーガ第28節で、アスレティック・ビルバオと引き分けた。約3ヶ月ぶりのリーグ戦再開となった試合では、ジエゴ・コスタが復活の狼煙となるゴールを挙げている。終盤戦に向けた過密日程で、負傷に悩まされたエースストライカーはチームの復調の鍵を握る存在となれるだろうか。(文:舩木渉)

20200609_spainfw_getty

スペイン代表、ストライカーの系譜。一時代を築きJリーグに引き寄せられた歴代エースたち

スペイン代表で活躍したストライカーたちには、Jリーグに縁がある選手が多い。バルセロナやレアル・マドリードなどのビッグクラブで実績を積み重ねて母国代表のエースになり、ワールドカップにも出場し、そこで優勝経験を持つ選手も日本にやってきた。他にもレジェンド級の選手が歴史に名を刻んできた。今回はそんなスペイン代表でエースストライカーを務めてきた選手たちの系譜をワールドカップでの戦いぶりとともに振り返る。

新着記事

↑top