スペイン代表、歴代ストライカーの系譜。一時代を築きJリーグに引き寄せられた歴代エースたち

スペイン代表で活躍したストライカーたちには、Jリーグに縁がある選手が多い。今回はそんなスペイン代表でエースストライカーを務めてきた選手たちの系譜をワールドカップでの戦いぶりとともに振り返る。(2020年6月掲載の記事を再編集したものです)

2020年06月09日(Tue)9時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

メキシコW杯(1986)〜アメリカW杯(1994)

フリオ・サリナス エミリオ・ブトラゲーニョ
【写真:Getty Images】



エミリオ・ブトラゲーニョ
生年月日:1963年7月22日
個人成績(1986):5試合出場/5得点0アシスト
個人成績(1990):4試合出場/0得点0アシスト

 レアル・マドリードのリーグ5連覇など黄金期をけん引した、1980年代後半を代表するストライカー。スペイン代表として1986年のメキシコワールドカップ出場を果たして決勝トーナメント1回戦のデンマーク代表戦では1試合4得点の離れ業をやってのけた。2度目の出場となった1990年のイタリアワールドカップでは無得点に終わったが、続く1990/91シーズンはレアルのエースとして自己最多19得点を挙げてラ・リーガ得点王に輝いた。レアル・マドリードでは今でもレジェンドとして語り継がれる存在だ。

フリオ・サリナス
生年月日:1962年9月11日
個人成績(1986):5試合出場/1得点0アシスト
個人成績(1990):3試合出場/1得点1アシスト
個人成績(1994):4試合出場/1得点0アシスト

 スペイン代表デビューからわずか3試合で、初めてのワールドカップ出場を果たした。それが1986年のメキシコ大会だった。そしてグループリーグ第2戦の北アイルランド代表戦でゴールを挙げている。そしてバルセロナで全盛期を謳歌する中、1990年のイタリアワールドカップに出場して1得点。ドリームチームでの最後のシーズンを終えた1994年夏のアメリカ大会にも参戦し、3大会連続でワールドカップのピッチに立った。アメリカワールドカップの準々決勝イタリア代表戦では、1-1で迎えた終盤にサリナスが大きな決定機を外してしまい、直後にスペイン代表は失点。このロベルト・バッジョのゴールによって敗退となってしまった。

 1997年からは横浜マリノス(現横浜F・マリノス)でもプレーし、1年目からリーグ戦21得点と期待に違わぬ活躍を披露。在籍2シーズンで34得点を挙げた。1999年1月にスペインへ戻り、アラベスで1年半プレーして現役を引退した。

【次ページ】フランスW杯(1998)

1 2 3 4 5

新着記事

↑top