アトレティコ、中断前から3試合連続のドロー。先制許すも…ジエゴ・コスタの得点で追いつく

2020年06月14日(日)22時58分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

アトレティコ・マドリード
【写真:Getty Images】

【アスレティック・ビルバオ 1-1 アトレティコ・マドリード リーガ・エスパニョーラ第28節】

 リーガ・エスパニョーラ第28節、アスレティック・ビルバオ対アトレティコ・マドリードが現地時間14日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

【今シーズンのリーガはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現在6位に位置しているアトレティコ。ジョアン・フェリックスが出場停止。2トップには、ヤニック・フェレイラ・カラスコとジエゴ・コスタが名を連ねた。アルバロ・モラタはベンチスタートとなっている。

 先制したのはビルバオ。37分、ウィリアムズからのサイドチェンジからユーリが左サイドで受けると、グラウンダーのクロスを供給。中央でムニアインがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 だが、アトレティコがすぐに追いつく。2分後の39分、コケのスルーパスに抜け出したコスタが右足でゴール左に流し込み、ゴールネットを揺らした。アトレティコが失点後すぐに振り出しに戻すした。

 逆転弾が欲しいアトレティコは63分に3枚替え。モラタ、レマル、アリアスを投入した。すると80分、コレアのスルーパスを受けたロディが左サイドから中央へグラウンダーのクロス。これはGKが弾くと、ファーサイドで待っていたアリアスがダイレクトシュート。だが、これは相手GKに阻まれた。

 その後も追加点を狙ったアトレティコだったが、結局得点は生まれず。1-1のドローに終わった。アトレティコは中断前から3試合連続のドローとなっている。

【得点者】
37分 1-0 ムニアイン(ビルバオ)
39分 1-1 コスタ(アトレティコ)

【了】

新着記事

↑top