欧州フットボール批評02

欧州フットボール批評02 司令塔はどこにいる?


発売日:2015年4月6日
定価:1242円(本体1150円)

この本を購入する

お得な定期購読

目次

特集 [欧州最先端のゲームメイク論]司令塔はどこにいる? 戦術に違いを創り出す男たちの新たな居場所

 いま、トップ下やボランチが定石の司令塔の位置が変わりつつある(サイド、CB、SB、GK)。現代フットボールで司令塔はどこにいるのか? またトップ下、ボランチを含め司令塔に求められる役割の変遷と未来像を追う。

 欧州最先端の戦術を欧州トップリーグで活躍する監督、選手へのインタビュー、現地の著名なジャーナリストなどによってひも解いていく欧州フットボール批評。今号は多様化する「司令塔」をテーマに掘り下げていきます。

【目次】
司令塔はどこに行くのか? 変わりゆくプレーメーカーたちの居場所

[INTERVIEW]アンドレア・ピルロ(ユベントス)
「レジスタが中央にいることが常に有益であるとは限らない」

現代フットボールにおける司令塔の『生息地』

[最先端のプレーメーカー像]再び現れた1・5列目の司令塔

[スペシャルワンの実験室]モウリーニョが作り出す新たな10番像

検証ペップ・バイエルンの司令塔はどこにいる?

ドイツの潮流 司令塔の役割はボーダレス化する

スペイン記者が読み解くリーガにおける司令塔の生かし方

司令塔は最後方にいる!! GKのゲームメイク論

[INTERVIEW]カルロ・アンチェロッティ(レアル・マドリー監督)
技巧派プレーメーカー共存のビジョン

[INTERVIEW]ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー)
フットボールという名の闘争

[INTERVIEW]デニス・ベルカンプ
最も美しいゴール

…ほか

新着記事

↑top