29日には会長選も…。FIFAに汚職事件発覚、逮捕者には重役の名がずらり

2015年05月27日(Wed)18時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

29日には会長選も…。汚職事件発覚でFIFA重役8名を逮捕
FIFA関係者8名が汚職事件により逮捕された【写真:Getty Images】

 米メディア『ニューヨーク・タイムズ』が27日、衝撃のニュースを一斉に報じた。スイス司法当局がFIFAの複数の幹部らを汚職容疑で逮捕したというものだ。

 現地時間27日の朝にスイス警察がチューリッヒ市内のホテルに滞在していた6名が逮捕され、FBIも過去20年間の汚職事件を調査し、FIFAを訴えたという。同時にその他8名を指名手配している。

逮捕された複数幹部は、1990年代初頭から現在までにスポーツメディアおよびプロモーション企業の関係者から計1億ドル(約123億円)を超える贈賄を受け取った疑いが持たれている。逮捕された中には、スポーツマーケティング会社の役員なども含まれている。

 米司法省長は同紙に対して「このような行動がこんなにも長く行われ、FIFAの様々なところに広がっていることに驚いている」とコメントしている。

 FIFAは29日に会長選を控えており、ゼップ・ブラッター現会長とヨルダンのアリ王子との一騎打ちとなっており、このタイミングでの事件発覚に対する影響があるのは想像に難くない。英紙『インデペンデント』は、「今日はフットボールにとって悲しい日だ」というアリ王子のコメントを紹介している。

 大手メディア『AP通信』はFIFAスポークスマンのウォルター・デ・グレゴリオ氏のコメントを伝えており、同氏は「ブラッター氏はこの件について全くの無関係だ」と容疑への関与を否定している。

 今回の一連のニュースは、以前にも大きな疑惑が報じられた2022年に開催されるカタール・ワールドカップと大きく関連している。

 逮捕されたサッカー連盟関係者8名は以下の通り。()内は現在、または当時の役職

ジェフリー・ウェブ(元ケイマン諸島サッカー協会会長、北中米カリブ海サッカー連盟会長)
エウジェニオ・フィゲレド(元ウルグアイサッカー協会会長、元南米サッカー協会副会長)
ジャック・ワーナー(元FIFA副会長、元北中米カリブ海サッカー協会会長)
エドゥアルド・リー(北中米カリブ海サッカー連盟役員、コスタリカサッカー協会会長)
ジュリオ・ロシャ(元ニカラグアサッカー協会会長、FIFA役員)
ラファエル・エスキベル(ベネズエラサッカー協会会長)
ホセ・マリア・マリン(ブラジルサッカー協会会長)
ニコラス・レオス(元南米サッカー連盟会長)

【了】

新着記事

↑top