ドイツの16歳“神童”に欧州強豪が熱視線「インテルが僕を狙ってる」

2015年07月20日(Mon)23時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ドイツの16歳“神童”に欧州強豪が熱視線「インテルが僕を狙ってる」
U-17ドイツ代表のMFシュレック【写真:Getty Images】

 日本代表のDF長友佑都が所属するインテルが、ドイツ人の“神童”獲得に迫っているようだ。

 独紙『ビルト』によれば、インテルは、FW宮市亮が加入したドイツ2部のザンクトパウリに所属する16歳のMFサム・シュレックに獲得を打診したと報じられている。シュレックは昨季、ザンクトパウリのU-17チームで24試合6ゴール7アシストの成績を残し、チェルシーやレアル・マドリーら欧州各国の強豪クラブから関心を示されている。

 伊メディア「カルチョメルカート・コム」でシュレックは、インテル移籍の噂について「実際にオファーをしてきたかどうかは分からないが、彼らは僕を狙っているらしい。しかし、どんなクラブと比較しようが、インテルは間違いなくビッグクラブだ」と、セリエAの名門に好印象をもっていることを示唆。

 また、自身のプレースタイルについては「お気に入りの選手はネイマールで、僕のアイドルなんだ。インテルの選手で言えば、ジェルダン・シャキリだね。でも、僕はピッチの中央でプレーする10番タイプなんだ。パスが得意だし、得点をアシストするのが好きなんだよ。あとはイスコのようにドリブルするのも好きだね」と説明した。

 なお、インテルは今夏、フランス代表のMFジョフレー・コンドグビアやブラジル代表のDFミランダなど即戦力を補強し、来季以降の欧州返り咲きを虎視眈々と狙っている。

【了】

新着記事

↑top