トルコに大物選手が次々集結!ベジクタシュがドイツ代表FWマリオ・ゴメス獲得

2015年07月30日(Thu)22時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

トルコに大物選手が次々集結!ベジクタシュがドイツ代表FWマリオ・ゴメス獲得
ベジクタシュに移籍するFWマリオ・ゴメス【写真:Getty Images】

 トルコ1部のベジクタシュは30日、フィオレンティーナからドイツ代表のFWマリオ・ゴメス(30)を1年間の期限付き移籍で獲得したと発表した。年俸は350万ユーロ(約4億8000万円)の買い取りオプション付き。

 シュトゥットガルトの下部組織で育ったマリオ・ゴメスは、2006/07シーズンにクラブのリーグ優勝に貢献し、記者投票による年間最優秀選手を受賞。2009年にバイエルン・ミュンヘンに移籍すると、2010/11シーズンにはブンデスリーガ得点王に輝いた。しかし、2013年に移ったフィオレンティーナでは怪我に泣き、セリエAで2シーズン続けて5得点以下に終わっている。

 トルコは今夏、スター選手の相次ぐ移籍が話題となっている。王者ガラタサライはアーセナルからドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキを獲得。一方、フェネルバフチェはマンチェスター・ユナイテッドからオランダ代表のFWロビン・ファン・ペルシ、ポルトガル代表のFWナニ、デンマーク代表のDFシモン・ケアを、アンタルヤスポルは、元カメルーン代表のFWサミュエル・エトーをチームに迎え入れた。

 ベジクタシュは、セネガル代表のFWデンバ・バを中国の上海申花に放出したものの、ポルトガル代表のFWリカルド・クアレスマとマリオ・ゴメスの加入が決定。さらにはアーセナルに所属するイングランド代表のFWダニー・ウェルベックの獲得も噂に上がっており、2015/16シーズンのトルコ・スーパーリーグは豪華な顔ぶれが揃う強豪リーグになりつつある。

【了】

新着記事

↑top