フィオレンティーナ

0321Totti_Udinese_getty

トッティの餌食になったクラブは? クラブ別得点ランキング1~5位。セリエA制覇を手繰り寄せた一撃は…

キャリアのすべてをローマに捧げたフランチェスコ・トッティ。イタリア代表として2006年のワールドカップ制覇に貢献したレジェンドは、セリエA通算で618試合に出場し、250得点を決めている。その輝かしい経歴の中で、最も多くのゴールを奪ったクラブはどこなのか。クラブ別の得点数をランキング形式で紹介する。※データは『transfermarkt』を参照

0319DelPiero_Siena_getty

デル・ピエロの餌食になったクラブは? クラブ別得点ランキング1~5位。中田英寿と打ち合い、トッティと激突!

ユベントスで19年間プレーしたアレッサンドロ・デル・ピエロ。6度のリーグ優勝に貢献し、4度の得点王に輝いたレジェンドは、セリエA通算で478試合に出場し、188得点を決めている。セリエBでキャリアをスタートさせ、晩年はオーストラリアやインドでもプレー。その輝かしい経歴の中で、最も多くのゴールを奪ったクラブはどこなのか。クラブ別の得点数をランキング形式で紹介する。※データは『transfermarkt』を参照

20210125_o34spain_getty

ベテランスペイン代表最高額ベストイレブン。34歳以上から市場価値で選出、Jリーグで輝くあの名手も

毎年12月、FIFA(国際サッカー連盟)は年間表彰式を開催し、ベストイレブンをはじめとした各賞を発表する。その年に活躍した選手が選出されるこのベストイレブンとは別に、市場価値が高いベストイレブンを組むとどのような顔ぶれが並ぶだろうか。今回フットボールチャンネル編集部は、「4-3-3」の布陣に最も市場価値が高い34歳以上のスペイン人選手を配置した11人を紹介する。※データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値を元に作成、成績は1月24日時点

1130Milan_getty

ミランが強い! セリエA制覇も夢ではない。イブラヒモビッチ&指揮官不在のピンチを救う存在は…【分析コラム】

セリエA第9節、ACミラン対フィオレンティーナが現地時間29日に行われ、2-0でミランが勝利した。ズラタン・イブラヒモビッチとステファノ・ピオーリ監督を欠きながらも、セリエAでは好調を維持。10年ぶりのセリエA制覇も夢ではないのかもしれない。(文:加藤健一)

新着記事

↑top