ヴェンゲル監督が明かす“最高のお買い得選手”。選ばれたのは?

2015年11月27日(金)18時49分配信

photo Getty Images
タグ: , , , ,

20151127_wenger+vieira_getty
アーセナルのパトリック・ヴィエラ(左)とアーセン・ヴェンゲル監督(2004年当時)【写真:Getty Images】

 アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は26日、“最高のお買い得選手”についてアーセナルの公式ウェブサイトで明かした。

 この日の夜からイギリスでは「ブラック・フライデー」と呼ばれるバーゲンセールがスタート。このイベントはアメリカ発祥で、感謝祭翌日に店の在庫を一掃し、売り上げを“黒”字にするためにセールを行ったことからこう呼ばれるようになったといわれている。

 そんなブラック・フライデーにちなみ、ヴェンゲル監督は来年で20年となるアーセナルの在任期間中に獲得した選手たちの中から一番の“お買い得”についてコメントした。

「パトリック・ヴィエラを250万ポンド(当時のレートで約4億1000万円相当)で獲得できたことが最高だった。ヴィエラは今でも重要な存在だ。彼が私の信用を高めてくれたおかげで、私は今日もアーセナルを率いることができる」

 来年からメジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCで指揮を執ることが決まっているパトリック・ヴィエラ氏は、1996年7月にミランから加入。在籍9年間でアーセナルに3度のリーグ優勝、4度のFAカップ優勝をもたらした。

 一方で、メスト・エジルやアレクシス・サンチェスの獲得はそれぞれ約65億円、約58億円と“超高額のお買い物”だったが、「一秒たりとも後悔したことはない」とコメント。“安物買いの銭失い”ではないが、クオリティーの高い選手には惜しみなく資金をつぎ込む考えのようだ。

【了】

新着記事

↑top