長友に倒されたナポリMF、審判の判定を評価「彼は退場に値する」

2015年12月01日(Tue)12時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

長友に倒されたナポリMF、審判の判定を評価「彼は退場に値する」
長友に倒されたアラン【写真:Getty Images】

 現地時間11月30日に行われた試合でインテルの日本代表DF長友佑都が2枚のイエローカードを提示され退場したが、ナポリに所属するMFアランは審判の判定が正しかったと考えているようだ。11月30日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 先発出場を果たした長友は35分に相手に対するファールでイエローカードを提示されると、44分にもアランに対してファールを犯したことで2枚目のイエローカードを貰い退場した。

 1回目のファールに関してはインテルのロベルト・マンチーニ監督が相手選手のシミュレーションだとして怒りをあらわにしている。2回目のファールについて、アラン本人は長友が退場に値するプレーだったと感じているようだ。

「長友は退場に値する。ファールをしたことでイエローカードを提示されていたが、もしも僕が彼の上をジャンプしていなければ、彼は本当に僕のことを傷つけることになっただろう。審判は良い判定をしたと思っているよ」

 マルチーニ監督の信頼を取り戻しつつあった長友だったが、痛恨の退場によりチームに貢献することができなかった。インテルは2位に転落し、勝ち点3を積み上げたナポリが首位に浮上している。次節、再び首位浮上を目指してインテルは5日にジェノアと対戦する予定だ。

【了】

新着記事

↑top