長友佑都

日本代表

中島、南野、堂安の推進力は日本代表を変える! 長友、吉田、原口が受けた強烈インパクト

日本代表が4-3と勝利を遂げた16日のウルグアイ戦、チームの中心となったのは中島翔哉、南野拓実、堂安律の3人だった。2列目で強く素速いプレーで相手を翻弄した姿には、吉田麻也ら長く代表を支えてきた選手たちもその強烈なインパクトを受けていた。(取材・文:元川悦子)

日本代表

南野に最高評価、中島、堂安も!“NMD”はもはや不可欠。一方で…心配なロシア組も【どこよりも早い採点】

10月16日、日本対ウルグアイの一戦が行われ4-3で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

森保J、強豪ウルグアイを4発粉砕! 22年ぶり大金星。南野の3戦連続弾含む2発で3連勝

日本代表は16日、キリンチャレンジカップでウルグアイ代表と対戦した。

20181014_nagatomoshoji_getty

日本サッカーには「ずる賢さ」が足りない。長友佑都や昌子源が語る世界で勝つための「駆け引き」

日本代表は16日に行われるウルグアイ代表戦に向けて合宿を行っている。12日のパナマ戦は3-0の快勝。若い力が躍動する姿をベンチから見守った長友佑都は、あることが気になっていた。それを象徴するプレーが、図らずもJリーグの試合で出た。今こそ、日本サッカーがレベルを上げるために「ずる賢さ」を磨く時だ。(取材・文:舩木渉)

長友佑都

日本代表が直面する「本田&長谷部ロス」。長友佑都らが危惧、森保J若手が大人しすぎる

日本代表はロシアワールドカップを終え、転換期に差し掛かっている。森保一監督は新世代の若い選手たちと、長年代表を支えてきたベテランたちを融合させようとしているが、浮き彫りになるのは両世代の温度差だった。誰もが「大人しい」と語る若手たちには、今後何が求められるのだろうか。(取材・文:元川悦子)

日本代表

パナマ戦、アピール成功は新戦力組。W杯組は? 世代間の融合はこれからか【どこよりも早い採点】

10月12日、日本対パナマの一戦が行われ3-0で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

南野拓実

森保J、完勝で連勝! 南野&伊東が2戦連発、川又も得点し2試合続けての3-0

日本代表は12日、キリンチャレンジカップでパナマ代表と対戦した。

181012_tomiyasuyoshida_gett

【パナマ戦プレビュー】森保J、試されるロシアW杯組と次世代の融合。今こそ見つけたい新たな可能性

日本代表は12日にパナマ代表との国際親善試合に挑む。森保一監督率いるチームには、ロシアワールドカップで主力を担った、頼もしい6人が招集された。彼らとフレッシュな戦力とをいかに融合し、アジアカップに向けて最適解を見つけていけるか。現時点の実力を測る重要な一戦となる。(取材・文:河治良幸)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top