伊東純也が掲げる2つのキーワード。サッカー日本代表がスペイン代表に挑むプラン【カタールW杯】

2022年11月29日(火)10時00分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は現地時間12月1日、FIFAワールドカップカタール・グループE第3節でスペイン代表と対戦する。世界最高峰の選手が集結するスペイン代表において、左サイドからの攻撃は特長の一つ。対面することになる右サイドの伊東純也は彼らをどう封じ、攻撃に転じていくのか、イメージを膨らませている。(取材・文:元川悦子【カタール】)


スペイン代表に挑む日本代表


【写真:Getty Images】

 27日のコスタリカ代表戦で手痛い黒星を喫し、カタールワールドカップ(W杯)グループリーグ突破に黄信号が灯った日本代表。12月1日のスペイン代表戦に勝てれば16強入りが決まるが、ドイツ代表に対して60%以上ボールを支配した強国相手に日本代表がジャイアントキリングを起こすのは容易ではない。

【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


「うまくてテクニカルなチームだとは思っていましたが、その前に激しく厳しく本当にその中で技術を発揮できる。お互いが連係連動できる世界最高のチーム」と森保一監督も改めて最大級の賛辞を送っていたほどだ。

 とりわけ、スペイン攻撃陣最大のストロングポイントはジョルディ・アルバとダニ・オルモがいる左サイド。ドイツ代表戦でも彼らが再三再四、左サイドを突破して決定機を作っていた。後半20分のアルバロ・モラタの先制弾もダニ・オルモが中に絞り、ジョルディ・アルバが攻め上がって折り返したところにモラタが飛び込んで右足ボレーで合わせる形だった。

 その攻めをいかに封じ、逆に背後を突いてチャンスを作るのか。ゴールに結びつけていくのか。それは日本代表にとって非常に大きなポイントと言っていいだろう。

「(対策は)明確にあるんですけど。戦術面のことはあまり言いたくないです。今はメディアを通して世界レベルでそういうことが伝わりますし、向こうに情報を与えたくないというのは正直ある。でも僕の中ではしっかりと対策は持っています」

右サイドバック(SB)で出場可能性のある長友佑都は自信満々でコメントしたが、守勢に回る時間が増えるのはやむを得ないだろう。

 そうなると、右サイドでの仕掛けを得意とする伊東純也の守備負担も増えそうだ。

1 2 3 4

新着記事

↑top