バルサの個を上回ったビジャレアルの戦術レベル。華麗なだけではないスペインの魅力

2016年03月21日(Mon)9時38分配信

text by 海老沢純一 photo Getty Images
Tags: , , , ,

2点ビハインドで“オールコートプレス”を仕掛けたビジャレアル

マルセリーノ
ビジャレアルのマルセリーノ監督【写真:Getty Images】

 そして、統率された4-4-2の守備からカウンターを繰り出すビジャレアルは、確実にバルセロナのゴールに迫っていた。それでもリードを奪ったのはバルサ。それも2点。

 まずは20分、メッシのFKからこぼれ球をラキティッチが拾ってネットへ。41分の2点目はネイマールによるPKでの得点となったが、このファウルを誘ったのはメッシのスルーパスだった。

 ここまでチャンスメイク数ではバルサの3回に対して4回と、戦術の機能という意味では上回っていたビジャレアルだが、メッシが繰り出した1本のパスによって2点というビハインドを背負わされてしまった。

 これもまたリーガの魅力の1つともいえる。高次元の戦術が繰り広げられるピッチで、それを凌駕する個の力も瞬間的に発動される。

 ビジャレアルはマルセリーノ監督が退席処分となるなど、パフォーマンスにはそぐわない結果をとなった前半だった。それでも後半に入ると、その戦術レベルはさらに引き上げられる。

 前半には引き気味だった重心を前に押し上げることで、プレスの強度を高めてDFラインの裏を狙ったショートカウンターに転じる。この戦術変更をスムーズに遂行し、前半の45分を戦った上で体力的に相当な負担のかかる“オールコートプレス”を実行する選手の頭脳と体力は凄い。

1 2 3

新着記事

↑top