海老沢純一

1985年、茨城県生まれのサッカーライター。10年にデンマークへ渡り、スポーツ紙通信員として南アフリカW杯を取材。フットボールチャンネル編集部兼次世代サッカー情報番組「FChanTV」ディレクターも務める。

フランス代表

フランスが優勝を確信した20秒間。最高の戦力の最高の使い方。栄冠手にした最大の理由は【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ決勝戦は現地時間15日に行われ、フランスがクロアチアを4-2で下して20年ぶりの優勝を手にした。前半をリードで折り返したのはフランスだったが、クロアチアも十分に手応えを残していた。それでも、後半の交代策によって流れは決定的に。フランスが栄冠を手にした理由には、指揮官による的確な選手起用法があった。(文:海老沢純一)

エンゴロ・カンテ

【決勝プレビュー】フランスはピッチに12人いる。データが示すカンテの「地味な圧巻」が栄冠へ導くか【ロシアW杯】

ロシアワールドカップは現地時間15日、ついにフランスとクロアチアによる決勝戦を迎える。フランスはここまで手堅い勝利で勝ち上がってきたが、その守備力の源となっているのが守備的MFのエンゴロ・カンテだった。まるでピッチ上に12人がいるかのようなカンテの貢献度をデータは示していた。(文:海老沢純一)

20180711_france_getty

フランスが制した戦術合戦。ベルギーはどのように封じられたのか? 明暗を分けた要素とは【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ準決勝は現地時間10日、フランスがベルギーを1-0で破り決勝進出を果たした。可変システムを用いるなど策を練ったベルギーに対して、フランスはどのように対応したのか。注目の大一番は高次元の戦術合戦となった。(文:海老沢純一)

準決勝

【準決勝プレビュー】ベルギー、“日本戦の教訓”でフランスをも葬るか。最大の好カード、鍵を握るのは?【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ準決勝は現地時間10日、フランス対ベルギーが行われる。ともに大会前から優勝候補に挙げられていたチームだが、どのような戦いを見せるのか。ベルギーは日本との決勝トーナメント1回戦で得た教訓を生かすことができるか。(文:海老沢純一)

フランス代表

スアレスをも封印。若きフランス、熟成の背景。泥にまみれたポグバの献身と躍動のエース【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ準々決勝が現地時間6日に行われ、フランス代表がウルグアイ代表を2-0で下した。平均年齢26歳と若手が揃うフランスだが、ウルグアイの奇襲を交わし、世界最高クラスのFWでもあるルイス・スアレスをも封じて4強入りを決めた。若き優勝候補はどこまで突き進むのか。(文:海老沢純一)

180703_neymar_getty

今大会、ブラジルは違う。どこが違うのか? 守備の統率と攻撃の変化。完成度は近年最強に【ロシアW杯】

 ロシアワールドカップは現地時間2日、決勝トーナメント1回戦が行われ、ブラジル代表がメキシコ代表を相手に2-0と圧勝で勝ち上がった。これまで毎回優勝候補に挙げられながら、02年日韓大会以来決勝に進めていないブラジルだが、今大会の強さは何かが違う。(文:海老沢純一)

デンマーク代表

クロアチアを“殺した”デンマーク。張り巡らされた数々の策。敗退でも示したその強さ【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ・決勝トーナメント1回戦はクロアチア対デンマークの一戦が現地時間1日に行われた。結果はクロアチアがPK戦の末にベスト8へと駒を進めた。しかし、デンマークは120分を通してクロアチアを封じ込めることに成功した。クロアチアは持ち味をまさに“殺される”格好となったが、デンマークはどのような策を張り巡らせたのか。(文:海老沢純一)

クリスティアーノ・ロナウド

完璧すぎた“ロナウド封じ”。最悪の相手だったウルグアイ、骨の髄まで染み込んだその戦法【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ・決勝トーナメント1回戦、ポルトガルはウルグアイを相手に1-2と敗戦を喫した。この結果、クリスティアーノ・ロナウドが大会を去る。グループリーグでは4得点を決めたロナウドだったが、ウルグアイは完璧に封じ込めた。カウンターでこそ活きるロナウドにとって、この日の相手は最悪の相性だった。(文:海老沢純一)

180629_bel2_getty

日本の相手ベルギーとは? 最高の陣容と注意すべき点。そして、わずかに存在する“弱点”【ロシアW杯】

 ロシアワールドカップはグループリーグ全日程が終了し、H組を2位で勝ち抜けた日本代表の次なる相手はベルギー代表に決定した。大会前の下馬評では優勝候補筆頭に推されたベルギーだが、本大会でもその力を発揮している。そのベルギーはどのようなチームなのか? そして、わずかに存在する弱点とは?(文:海老沢純一)

フィリッペ・コウチーニョ

ネイマールだけじゃない。ブラジルの強さの根幹にあるもの。圧巻の守備力とコウチーニョの力【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ・グループリーグ最終節、ブラジルはセルビアを2-0で下して首位通過を決めた。スイスとの初戦で引き分けスタートとなったブラジルだが、試合を経るごとに強さを発揮している。そして、その強さの根幹には圧倒的な守備力がある。(文:海老沢純一)

リオネル・メッシ

メッシが“依存”から“中心”へ変わった理由。地獄の淵から蘇ったアルゼンチンの変化と課題【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ・グループリーグ最終節、アルゼンチンはナイジェリアを相手に試合終了間際のゴールで2-1と勝利し、逆転で決勝トーナメント進出を決めた。この試合では、これまで沈黙していたリオネル・メッシが得点を決めるなど、チームのパフォーマンスが改善されたが、その要因とは?(文:海老沢純一)

180625_port_getty

ロナウドは止められる。それでも…薄氷こそポルトガルの真骨頂。蘇る欧州制覇の記憶【ロシアW杯】

 ロシアワールドカップ・グループリーグB組最終節、ポルトガル代表はイラン代表と対戦して1-1の引き分け。クリスティアーノ・ロナウドが不発に終わり、勝利を手にすることはできなかったが、勝ち点5でスペイン代表に次いで2位で決勝トーナメント進出を決めた。薄氷とも言える結果での突破だが、それは2年前に優勝を遂げたEUROにも通じるものだった。(文:海老沢純一)

ポーランド代表

日本が突くべきポーランドの弱点とは? 真の姿を見せたコロンビアを相手に露呈した欠陥【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ・グループリーグH組第2節、コロンビアはポーランドを相手に3-0と完勝を収めた。ともに黒星発進となり、負ければ敗退が決定するという大一番で、コロンビアは真の強さを発揮。逆にポーランドは弱点を露呈して連敗となった。最終節、ポーランドと対戦する日本にとっては大きなヒントとなる一戦だった。(文:海老沢純一)

ネイマール

ネイマールが見せた男泣き。ブラジルとアルゼンチンの差とは? 試合を動かした切り札【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ・グループリーグE組第2節、ブラジルはコスタリカと対戦して苦しみながらも2-0と勝利を収めた。前日にはアルゼンチンが敗れるなど南米勢が苦しむ今大会だが、ブラジルはついにエースのFWネイマールも得点を決めた。しかし、試合を動かしたのはエースの力だけではなかった。(文:海老沢純一)

ルカ・モドリッチ

アルゼンチンの崩壊はなぜ? モドリッチこそ世界最高、“メッシ依存症”より深刻な欠陥【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ・グループリーグD組第2節、アルゼンチン対クロアチアの一戦は、3-0でクロアチアが完勝。アルゼンチンはグループリーグ敗退の危機に陥ったが、この試合では“メッシ依存症”より深刻なアルゼンチンの欠陥が浮き彫りとなった。(文:海老沢純一)

新着記事

↑top